BLOG! arisu-AREA

9/28の試合結果
9月28日大阪マンデーベースボールリーグは金岡、吉原(東大阪市)でオープン戦計5試合開催


金岡第一試合(オープン戦)・タイヨーフレンズ - オーシャンズ
5−4でオーシャンズの勝利(6回時間切れ)
勝・山尾
敗・仁科
初回守るタイヨーは四死球とタイムリー、失策が絡みオーシャンズに3−0とリードを許す。
中盤3−2と1点差に詰め寄るがオーシャンズに1点ずつジワリと離され5−2、最終回の6回に2点返すがそこまで。オーシャンズが1点差で逃げ切った。

金岡第二試合(オープン戦)・タイヨーフレンズ - 大阪アスレチックス
6−0で大阪アスレチックスの勝利
勝・奥野
敗・有末大
3回にヒットとエラーで大阪アスレチックスが先制、4回にもタイムリーエラーのあと2番寺地が満塁の走者一掃となるタイムリーツーベースを打ち6−0とタイヨーを圧倒した。


金岡第三試合(オープン戦)・レッドリボン - 大阪アスレチックス
7−5で大阪アスレチックスの勝利
勝・高嶋
敗・倉田一
ホームラン・野村(リボン)
初回4番芦田のタイムリーで先制した大阪アスレチックスでしたが4回にレッドリボンは野村のホームランなどで3−2と逆転。しかし大阪アスレチックスは5回に押し出しと犠飛でノーヒットながら逆転、続く6回にも四死球にタイムリーを絡め追加点をあげ突き放した。
投げては先発元吉-リリーフ高嶋の継投で逃げ切った。




吉原第一試合(オープン戦)・Samurai Denkees - 東大阪MetalCats
7−4でSamuraiDenkeesの勝利
勝・尾山
敗・東
準決勝リーグ6位で次週プレーオフを控える東大阪MetalCatsに今季最下位のSamuraiDenkeesが勝利。
SamuraiDenkeesは
監督で裏エースの藤井選手は欠席だったそう。
監督で裏エースの藤井選手を欠いての勝利は見事。
試合はちゃんとしたエースの尾山投手が投げて勝利した。

東大阪MetalCatsは次週のプレーオフに向けて敗戦は縁起悪いが反省点を見出して次週に臨めると思えばそれも良しか。

吉原第二試合(オープン戦)・Samurai Denkees - OsakaBigsharks
2−0でSamuraiDenkeesの勝利
勝・尾山
敗・山口
ここも今季最下位のSamuraiDenkeesは次週のプレーオフを控えたOsakaBigsharksにシャットアウトの勝利。
この試合も監督で裏エースの藤井選手は欠席。


俺おらん方が強いみたいです・・・と結果報告のラインが来た。


次週は金岡と吉原で10/26開催の5位決定戦に進出するチームを決めるプレーオフトーナメントが各球場で行なわれます。

プレーオフに進出しているうちオーシャンズ、オリオンズ、東大阪MetalCatsが勝ち抜けば初進出となります。
17:19 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
9/14の試合結果
9月14日大阪マンデーベースボールリーグは金岡(東大阪市)、門真でオープン戦5試合含む計7試合開催



金岡第一試合(順位決定リーグ)・Red's - KFCフェニックス
7−3でRed'sの勝利(6回時間切れ)
勝・福井
敗・三木
Red's福井が完投勝利
Red'sは0−2の3回に同点に追いつき4回に一挙5点のビッグイニングでKFCフェニックスを突き放した
Red's林は3安打、甲斐は3打点の活躍、KFC香川は2安打も及ばず。
Red'sはこの結果により順位決定リーグ5位となりプレーオフにこまを進めた、緒戦は準決勝リーグ6位の東大阪Metal Catsとなる。


金岡第二試合(準決勝リーグ)・パラダイス - TOYOTA HK BROTHERS
1−0でパラダイスの勝利
勝・雪丸
敗・小笠原
5回裏にあげた1点をパラダイスのエース雪丸が守り切った。
雪丸は打っても2安打、虎の子の1点は傳のセンター前タイムリー
この結果により2020年度の決勝は
タイヨーフレンズ - パラダイスに
3位決定戦は
TOYOTA HK BROTHERS - Faithに決まった。


金岡第三試合(オープン戦)・大阪アスレチックス - オーシャンズ
6−4でオーシャンズの勝利(6回時間切れ)
勝・白滝
敗・高嶋
ホームラン・寺地(アスレ)
初回に寺地のソロで先制したアスレチックスでしたがオーシャンズに逆転負け

金岡第四試合(オープン戦)・大阪アスレチックス - オリオンズ
3−3の引き分け(6回時間切れ)
オリオンズ・三牧、大内
アスレチックス・元吉
この試合もアスレチックスが先制したが終盤オリオンズに追いつかれドロー



門真第一試合(オープン戦)・OsakaBigsharks - タイヨーフレンズ
15−0でタイヨーフレンズの勝利(5回時間切れ)
勝・谷
敗・山口
序盤から連打と四球、エラーなどで一方的な展開でした。

門真第二試合(オープン戦)・OsakaBigsharks - 東大阪MetalCats
7−1で東大阪Metal Catsの勝利
勝・藤原
敗・脇坂
先制したのはビッグ、しかしすぐさまメタルが逆転し突き放した

門真第三試合(オープン戦)・大阪06パイレーツ - 東大阪MetalCats
2−0で大阪06パイレーツの勝利
勝・
敗・東


次週は祝日のため試合予定はありません。

本日でひとまずリーグ戦は終了しました、このあとは10/5に5位決定戦への切符をかけたプレーオフ、10/26は決勝戦と3位、5位決定戦です。

明日近畿統一リーグの開催についての話し合いがあります。今回は密を避けるため私と神戸から1名のサシでの打ち合わせとなります。
21:10 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
9/7の試合結果
9月7日大阪マンデーベースボールリーグは金岡(東大阪市)、門真でオープン戦のみ計5試合開催予定でしたが、台風10号による未明からの雨で金岡の2試合は中止となり門真の3試合のみ開催されました。



金岡第一試合(オープン戦)・OsakaBigsharks - 大阪06パイレーツ
中止



金岡第二試合(オープン戦)・OsakaBigsharks - RespectOsaka
中止





門真第一試合(オープン戦)・タイヨーフレンズ - 東大阪MetalCats
3−0でタイヨーフレンズの勝利
勝・竹内
敗・藤原
タイヨーは2回3回とで3点先制しそのまま押し切った。
タイヨー竹内は東大阪MetalCats打線を相手にノーヒットノーランの好投。
東大阪MetalCatsは序盤の守備の乱れが痛かった。

門真第二試合(オープン戦)・タイヨーフレンズ - SamuraiDenkees
5−5の引分
SamuraiDenkees・尾山
タイヨーフレンズ・有末大
5−1とタイヨーリードの6回にSamuraiが四死球とタイムリー、エラーなどで同点に追いついた。
その裏タイヨーも一打サヨナラの場面だったが後続が打ち取られドロー。


門真第三試合(オープン戦)・レッドリボン - SamuraiDenkees
10−6でレッドリボンの勝利
勝・高木賢
敗・山崎
レッドリボンは西出のホームランなどでレッドリボンに快勝。投げては3投手のリレーで逃げ切った。



一昨日までは予想もしていなかった雨が降り、2試合が中止となった。
幸い日中の気温も上がったため門真での3試合は問題なく行なえたが・・・
次週リーグ戦は最終戦を迎える。
シーズンの順位を決める大事な2試合となる。
とりあえず台風は勘弁して欲しい。





18:50 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
8/31の試合結果
8月31日大阪マンデーベースボールリーグは金岡(東大阪市)で計3試合開催



金岡第一試合(準決勝リーグ)・パラダイス - 東大阪MetalCats
5−1でパラダイスの勝利
勝・雪丸
敗・廣森
負けるか引分で決勝進出がなくなるパラダイス、しかしここはエース雪丸がきっちりと結果を出した。
打線も3回に4点先制すると7回にもダメ押し5−0、Metalが7回裏に1点返すも時すでに遅し、
これで9/14・TOYOTA HK BROTHERS-パラダイスの勝者が決勝進出となる。
引分ならTOYOTA HK BROTHERSが決勝へ、なのでパラダイスは勝利が必須。

金岡第二試合(順位決定リーグ)・住之江JAPAN - 大阪06パイレーツ
3−1で住之江JAPANの勝利(6回時間切れ)
勝・石川良
敗・山元
住之江JAPANベテラン右腕石川が粘りのピッチングでチームも逆転勝利。
住之江JAPAN松本は2安打2打点の活躍。


金岡第三試合(順位決定リーグ)・ファルコン - OsakaBigsharks
4−0でファルコンの勝利
勝・宇野
敗・山口
後半好調のOsakaBigsharksもファルコンの前に打線が沈黙、後半戦初の黒星を喫した。
ファルコンは11安打、OsakaBigsharksのエース山口を打ち込んだ。

決勝の対戦カードもそうですが、プレーオフの対戦カードも9/14に決定します。
台風が心配な時期ですが・・・。

19:29 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
8/24の試合結果
8月24日大阪マンデーベースボールリーグは金岡(東大阪市)、大泉緑地(堺市)、門真で計10試合開催

本日無事に試合を消化しリーグ戦も残り5試合となりました。

コロナの影響で中断もあり雨が続いたこともありで開催要項を変更したりしましたがようやくゴールが見えてきました。
2月からの予選リーグ、6月スタートの準決勝、順位決定リーグの順位もだんだんと確定して悲喜こもごもの8月です。



金岡第一試合(順位決定L)・Red's - RespectOsaka
6−5でRespectOsakaの逆転サヨナラ勝利
勝・氏川
敗・福井
1−5と劣勢のRespectOsakaは7回裏一気に5点取り逆転サヨナラ勝利
RespectOsakaは9盗塁と足でかき回した。
一方Red'sも福井の3安打含む10安打を記録したが最終回に崩れた。


金岡第二試合(順位決定L)・Red's - ファルコン
7−0でファルコンの勝利(5回コールド)
勝・伊藤
敗・甲斐
ホームラン・伊藤(ファルコン)2号
ファルコンは2回に伊藤のソロホームランなどで5点をあげ主導権を握る。
その伊藤は投げてもRed's打線を5回零封と完璧なピッチング。
ファルコン川本は3打席3打数3安打3打点3盗塁。
トリプルスリーを越えた。


金岡第三試合(順位決定L)・KFCフェニックス - ファルコン
6−2でKFCフェニックスの勝利(6回時間切れ)
勝・村田
敗・長重
3回に2点先制したKFCフェニックスでしたが5回に追いつかれる。
しかしその裏4点勝ち越したKFCフェニックスが村田の力投もあり勝利した
この勝利でKFCフェニックスはプレーオフ進出へ可能性を残した
9/14Red'sとの直接対決で勝ったほうがプレーオフへコマを進める。


金岡第四試合(順位決定L)・KFCフェニックス - レッドリボン
4−0でレッドリボンの勝利
勝・倉田
敗・石川
ホームラン・西出(レッドリボン)1号
レッドリボンは高木-倉田の完封リレー、倉田は打っても2打点と活躍
西出も1号ソロで盛り上げた。



大泉第一試合(準決勝L)・トヨタクラブ新大阪 - タイヨーフレンズ
5−2でタイヨーフレンズの勝利(6回時間切れ)
勝・竹内
敗・橋本
初回トヨタクラブ新大阪はタイヨーフレンズ先発竹内の立ち上がりを攻め、4番新井がレフトオーバーのタイムリーで先制、6番橋本は満塁から押し出し四球を選び2−0とトヨタクラブ新大阪がリード。
直後の2回、タイヨーフレンズは楠田、尾崎の6,7番が四死球で出塁し8番竹内のレフト前ヒットで満塁とすると住岡のサードゴロをサードがホームへ悪送球しタイヨーがあっさり追いついた。
続く大垣がレフトへ逆転タイムリーを打ち3−2とひっくり返すと、4番青木のタイムリーも出て一挙に5−2とタイヨーがリードを広げた。
その後は両チームとも投手陣が踏ん張り打線も快音響かず試合終了。
この結果でタイヨーフレンズが16年ぶり7回目の決勝進出を決めた。
決勝の相手はTOYOTA HK BROTHERSかパラダイス、どちらが来ても強敵に変わりは無い。
勝てば第1回大会以来22年ぶりの優勝となります。


大泉第二試合(準決勝L)・トヨタクラブ新大阪 - TOYOTA HK BROTHERS
3−0でTOYOTA HK BROTHERSの勝利
勝・小笠原
敗・西山
TOYOTA HK BROTHERSは3回ツーアウト2,3塁から3番亦木(マタギ)がしぶとくライト前に運び2点先制。
5回には4番小笠原のレフトへの犠牲フライで3点目。
投げては小笠原が要所を締め完封。


大泉第三試合(準決勝L)・東大阪MetalCats - TOYOTA HK BROTHERS
7−7の引分(抽選勝TOYOTA HK BROTHERS)
Metal・佐谷、浜田
TOYOTA-HKB・東條、神林、村上、小笠原
初回にMetalが先制、2回にTOYOTA-HKBが追いつくと3回にはMetalが一気に3点追加し4−1。
その後もとったりとられたりでイニングは進み、結局6回表終了時に7-3と東大阪MetalCatsがリード。
おそらく時間切れだろう6回裏にTOYOTA-HKBは4点を入れて追いついた、おまけにじゃんけんまで勝った。
東大阪MetalCatsにしては金星を逃した感じもするが夏目のホームラン含むチーム二ケタ安打は後のプレーオフに続きそうだ。


大泉第四試合(順位決定L)・大阪アスレチックス - オリオンズ
11−2で大阪アスレチックスの勝利(5回コールド)
勝・高嶋
敗・大内
大阪アスレチックスは4安打、オリオンズは3安打。
ヒット数では遜色ないがいかんせん点差が・・・。



門真第一試合(準決勝L)・パラダイス - Faith
1−0でパラダイスの勝利
勝・雪丸
敗・内本
2回表の先制点をそのまま雪丸が守り切り試合終了。
予選リーグを1位で通過したFaithはリーグ戦後半失速し3位決定戦にまわることになった。
昨年は5位だったので3位決定戦進出は昨年を上回る成績ではあるが、予選リーグを勝っただけに決勝へ行きたかっただろうと思う。
来季はなんとしてもさらなる高みを目指したい。


門真第二試合(順位決定L)・オーシャンズ - 大阪06パイレーツ
7−0でオーシャンズの勝利(5回コールド)
勝・白滝
敗・山崎
オーシャンズは3回裏に6点のビッグイニングを作ると4回に1点追加し難なくコールド勝ちを決めた。
オーシャンズはプレーオフに向かい5位決定戦進出を目指す。
00:22 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--