BLOG! arisu-AREA

10/7の試合結果
10月7日大阪マンデーベースボールリーグは金岡、吉原(東大阪市)でプレーオフ計6試合開催

4チームのトーナメントを2組開催し勝者2チームが10/28の5位決定戦の出場権を得る。

試合結果は週刊ひがしおおさか様のサイト内でも掲載中です

金岡第一試合・大阪アスレチックス - Respect Osaka
2−2引き分け(抽選勝ち・大阪アスレチックス)
大阪アスレチックス・元吉、奥野
Respect Osaka・氏川
2回と5回に1点ずつとったRespect Osaka、守ってはエース氏川が危なげないピッチングでアスレチックス打線を抑え込む。
そのまま氏川完封で終わるかと思われた最終回、2エラーなどで1点返しなお1.2塁から奥野が同点のタイムリーを打ち土壇場でアスレチックスが追いついた。
勢いそのまま抽選(じゃんけん)にも勝ってアスレチックスが決定戦にコマを進めた。
つくづくは1−0からの3回にノーアウト2.3塁のチャンスを迎えたRespect Osakaがアスレチックス先発元吉の気合のピッチングの前に無得点に終わったことが最後に響いた。
あの回一気に畳み掛けていれば・・・。


金岡第二試合・タイヨーフレンズ - オリオンズ
8−0でタイヨーフレンズの勝利(5回コールド)
勝・谷
敗・大内
0−0の3回裏にタイヨーはツーアウト満塁から上野が左中間へ走者一掃のタイムリーツーベースを打ち主導権を握った。
4回裏にも4点追加しコールドで圧勝。
オリオンズエース大内も序盤すばらしいピッチングでしたが中盤以降崩れた。



金岡第三試合・大阪アスレチックス - タイヨーフレンズ
4−3でタイヨーフレンズの勝利
勝・竹内
敗・高島忠
タイヨーフレンズは青木のタイムリーで先制するもそのあとが続かず、最少得点差で膠着状態。
5回裏にタイヨーフレンズは清水のタイムリーなどでようやく3点追加し4−0とリードを広げた。
おそらく最終回であろうと推測の6回表大阪アスレチックスはエラーでノーアウトのランナーを出すとその後怒涛の攻撃で3点返し3−4と詰め寄った。
最後は三振で力尽きたが見事な粘りでした。


吉原第一試合・オーシャンズ - 住之江JAPAN
7−5でオーシャンズの勝利
勝・鈴木
敗・石川良
ホームラン・松本(住之江)
オーシャンズ先発鈴木は4失点も粘りのピッチングで住之江打線を抑え、リリーフ白滝につないだ。
白滝も1失点で住之江の攻撃を凌ぎオーシャンズが決定戦にコマを進めた。


吉原第二試合・Faith - 東大阪MetalCats
1−0でFaithの勝利
勝・
敗・廣森
このカードはシーズン中から接戦になっている好カード。
しかしながら試合結果はつねにFaithに分がある。
今回もMetalCatsの打線を抑えたFaith投手陣が粘り逃げ切った。
MetalCats廣森も味方の援護を待ったのだが・・・。


吉原第三試合・オーシャンズ - Faith
7−1でFaithの勝利
勝・
敗・白滝
オーシャンズ先発白滝が第1試合からの連投ということもあり乱調
好調Faith打線が見事捕らえて完勝した。
オーシャンズも今季は準決勝リーグ進出と充実のシーズン、投手陣の整備次第で来季も上位を狙える。

なおFaithからの結果報告がなく一部詳細は不明です。
ご了承ください。

本日の勝者2チームは10/28八尾市山本球場で第1試合に5位決定戦を行います。

10/21オープン戦の試合予定も発表されましたのでサイトにてご確認ください。

本日敗れた6チームから決勝当日の裏方を最低1名選出してください、責任者にまたメールいたします。

SBOボタン、スコアを各試合お願いいたします。
メールに先立ちやれる試合をお知らせいただいてもかまいませんのでよろしくです。

昼食ご用意いたします。
21:33 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
2019年度個人タイトルが発表されました
大阪マンデーベースボールリーグは9/9にリーグ戦の全日程が終了し、先ほど今季の個人タイトルならびに全成績が発表されました。

初受賞は首位打者、ホームラン、打点、奪三振の4名。
なかでもホームランは4本でRespect Osaka田端選手とFaith難波選手が並んでいましたがリーグ規定により打席数の少ない田端選手が受賞となりました。

難波選手はそのかわりってわけでもないですが20打点で堂々打点王に輝きました。
準二冠王といったところでしょうか。

首位打者はファルコン左腕のエースでもある木佐貫(晋)選手が5割越えの高打率で初受賞、Respect Osakaの右のエース氏川選手は2年連続盗塁王と俊足を見せ付けました。ピッチャーというのはやはり投げるだけでなく野球センス全般に秀でているということでしょうか。

昨年まで3年連続で奪三振のタイトルホルダーだった雪丸投手(パラダイス)が今季は同タイトルを逃しました。
しかしながら打たせてとるピッチングでチームを予選リーグ&準決勝リーグと優勝に導き、あとは本番の決勝で初の総合優勝を目指すのみです。
奪三振のタイトルは逃したものの最多勝は獲得するなどエースとしての貫禄はさすが。

その雪丸投手に代わり奪三振のタイトルを獲得したのはRed'sのアンダースロー林投手。
100個越えの奪三振数で文句なしの受賞です。

タイトルには届きませんでしたが、KFCフェニックスの木戸選手、Respect Osakaの山尾選手など4割越えの高打率で首位打者木佐貫選手に迫りました。
打点王2位は難波選手と同じFaithの有田選手、1位の難波選手との3,4番は来季脅威になりそうです。

投手部門では1勝差で最多勝を逃した廣森投手(MetalCats)は奪三振も2位と悔しいシーズンになりました。
来季は投手2冠を狙ってほしいところ。
奪三振は3位雪丸投手、4位竹内投手(タイヨー)も奮闘しましたが今季は林投手が郡を抜いていました。

次週はプレーオフが開催され5位決定戦の出場チームが確定します。
その後祝日で一週あいて10/21オープン戦〜10/28決勝、3位・5位決定戦(山本球場)とイベントが続きます。

また今季の成績を元に近畿統一リーグ選抜選手の選考をし、各チーム責任者に連絡いたしますのでご検討よろしくお願いいたします。
19:52 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
9/30の試合結果
9月30日大阪マンデーベースボールリーグは金岡(東大阪市)でオープン戦計4試合開催

試合結果は週刊ひがしおおさか様のサイト内でも掲載中です

金岡第一試合・オーシャンズ - 大阪アスレチックス
3−2で大阪アスレチックスの勝利
勝・高島忠
敗・山元
大阪アスレチックス元吉、オーシャンズ白滝の両先発が踏ん張り2−2のまま7回裏大阪アスレチックスの攻撃へ
ここで本日遅刻の鷲見が2,3塁のチャンスからサヨナラタイムリーをレフト前に飛ばし勝利した。
両チームとも次週のプレーオフで大阪アスレチックスはRespect Osakaと、オーシャンズは住之江JAPANとまず対戦する。


金岡第二試合・オーシャンズ - タイヨーフレンズ
2−1でタイヨーフレンズの勝利(6回時間切れ)
勝・竹内
敗・鈴木
タイヨーフレンズはノーヒットで2点をあげ、守っては先発竹内が走者を背負いながらも要所を締め6回まで無失点。
最終回となる6回に1点は献上したが危なげなく完投し格上に勝利した。

金岡第三試合・ビッグシャーク - タイヨーフレンズ
7−1でタイヨーフレンズの勝利(5回時間切れ)
勝・有末大
敗・
初回から打線がのつながったタイヨーが3点先制し、その後も竹内の2ランなどで7−0とすると
先発有末大が押し出しの1失点のみで凌ぎ勝利。

金岡第四試合・ビッグシャーク - 東大阪MetalCats
4−2でビッグシャークの勝利
勝・山口
敗・藤原
プレーオフへ進出のMetalCatsをビッグシャークが破る波乱!?
ビッグシャークは選手数も増え充実一途、来期へしっかり弾みをつけ、勢いそのまま突っ走るか。

※※※※※※※※※※※※

次週は5位決定戦に出場する2チームを決めるプレーオフが金岡、吉原で開催される。
金岡は大阪アスレチックス、吉原はオーシャンズを中心に伏兵がどう戦うかに注目。
ラグビー同様ジャイアントキリングがあるかどうか・・・。
18:02 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
9/9の試合結果
9月9日大阪マンデーベースボールリーグは金岡(東大阪市)、門真で計6試合開催

試合結果は週刊ひがしおおさか様のサイト内でも掲載中です

金岡第一試合・パラダイス - 大阪アスレチックス
0−0の引き分け(抽選勝・大阪アスレチックス)
大阪アスレチックス・元吉、奥野
パラダイス・雪丸
スコアどおり両投手の踏ん張りでスコアレスのドロー。
大阪アスレチックスは4回まで元吉、その後は奥野が締めた。
パラダイスは左腕雪丸が無失点完投。
パラダイス4安打、大阪アスレチックス2安打。

金岡第二試合・パラダイス - TOYOTA HK BROTHERS
4−0でパラダイスの勝利
勝・筒井
敗・上山
すでに決勝で戦うことが決まっている両者、この試合勝ったほうが準決勝リーグ1位通過となる。
パラダイスは第1試合で完投した雪丸ではなく右腕の筒井が先発。
その筒井が0−0の4回に均衡を破る先制タイムリーを左中間に放ち自らの力投を援護するとその後も加点し4−0で完勝した。
パラダイスは筒井から中井へとつなぐ完封リレー、9イニングを戦う決勝を見据え雪丸温存&2番手3番手投手の目処が立ったパラダイス。
一方TOYOTA HK BROTHERSは今季パラダイスと2戦して1敗1分とここまで分が悪い。
さて本番の決勝戦ではパラダイスが今度の挑戦をも退けるのかTOYOTA HK BROTHERSが逆襲するのか、非常に面白い戦いが繰り広げられそうだ。


金岡第三試合・タイヨーフレンズ - 東大阪MetalCats
「オープン戦」10−0でタイヨーフレンズの勝利
勝・竹内
敗・藤原
初回にMetalCats先発藤原を捕らえ、連打と四死球、エラーで9点先制。
その後リリーフしたMetalCats廣森が2回以降のタイヨー打線を抑え、まさかのスミ9で試合が終わるかと思われた6回、タイヨー竹内のスリーベースヒットにエラーが絡み10点目をあげたタイヨーが勝利した。

両チームとも10/7のプレーオフに出場する、タイヨーフレンズは初戦オリオンズ、MetalCatsは初戦Faithと対戦が決まった。

金岡第四試合・ビッグシャーク - オリオンズ
「オープン戦」6−4でオリオンズの勝利
勝・大内
敗・山口
オリオンズがプレーオフに向け調整順調のよう。
オリオンズのプレーオフ初戦はタイヨーフレンズと、両チームの今季対戦成績はオリオンズの1勝0敗。




門真第一試合・Red's - Faith
6−0でFaithの勝利
勝・内本
敗・林
ホームラン・難波(Faith)4号
ダブルヘッダーを連勝してプレーオフへ進出を目論むRed'sでしたがFaith投手陣の前に打線が沈黙。
Faithは難波の4号ツーランなど2、3回に2点ずつ、5,6回に1点ずつ取り圧勝。
Red'sは1安打ではなすすべなかった。
この結果によりプレーオフへは順位決定リーグ6位となったRespect Osakaが進出することが決まった。

※当初、難波選手(Faith)のホームランが記録されていませんでしたが追記し訂正しました。
記録員はくれぐれも正確な記入をお願いいたします。

門真第二試合・Red's - 大阪06パイレーツ
6−5でRed'sの勝利
勝・林
敗・山元
プレーオフへの希望は絶たれたが最後まで集中力を切ることなく戦ったRed'sが1−2の5回に5点をあげ逆転勝利。
最終戦を勝利で締めくくった。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

この結果で10/28に行われる大一番、決勝戦(山本12:40開始)は1塁側パラダイスvs3類側TOYOTA HK BROTHERSに決まりました。
決勝戦初出場のパラダイスが勝てばもちろん初優勝、そうなるとTOYOTA HK BROTHERSは加盟13年で実に8度目の準優勝となります(決勝進出10回)
TOYOTA HK BROTHERSが優勝なら2年ぶり3度目となります。
同業者対決、会社の大会では同じチームメイトだったりする両チームは手の内知った戦いに。
パラダイスのエース雪丸をTOYOTA-HKB打線がどう攻略するか、打ち合いになればTOYOTA HK BROTHERS、投手戦になればパラダイス有利な感じですが、こういうこと言うと得てして逆になったりすることも・・・。
すでに決まっている3位決定戦(山本11:00開始)ファルコン-トヨタクラブ新大阪も好ゲームが期待できそうです。

また5位決定戦(山本9:20開始)に進出するチームを決めるプレーオフ(10/7開催・球場未定)に出場する8チームも決まりました。
準決勝リーグからの大阪アスレチックス、オーシャンズの2チームが順位決定リーグから這い上がってきた6チームを迎え撃ちます。
格上チームが返り討ちにするか、それとも下から勝ち抜いてきたチームが勢いそのまま下克上するか!!

まだまだ熱い戦いは終わりません。

とは言ってもなんだかあっという間の1年だったような気もします。

もうこんな時期になったかと・・・。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

こんな時期になったかというとさらに本日は第21回近畿統一リーグの打ち合わせに行ってまいりました。
場所は兵庫県尼崎市。
20190909JR尼崎2
尼崎というと色々荒んだ感じのイメージでしたが現在の尼崎駅前はこんなに明るい街でした。

近畿統一リーグ戦、今年は11/18、八尾市山本球場にて開催されます(予備日11/25)
14回目の優勝を争うのはTOYOTA HK BROTHERSかパラダイスか、
TOYOTA HK BROTHERSなら過去2度の出場で1勝1敗。
パラダイスなら初出場初優勝を目指すことになります。

選抜チームは12回目の優勝を狙います。
各チームより選抜された選手は後ほどチーム代表者に本部より連絡し出欠を伺います。
23:46 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
9/2の試合結果
9月2日大阪マンデーベースボールリーグは金岡(東大阪市)でオープン戦含む計3試合開催

試合結果は週刊ひがしおおさか様のサイト内でも掲載中です

金岡第一試合・Red's - ビッグシャーク
7−4でRed'sの勝利(6回時間切れ)
勝・林
敗・福田
初回Red'sは連打と四球などで先制すると、先発林自ら満塁の走者を一掃するタイムリーを打ち大量6点のビッグイニング。
この試合が今季最終戦となるビッグシャークも意地を見せ追い上げるが届かず。
Red'sは残り2試合全勝でプレーオフ進出となる。
林は7奪三振。


金岡第二試合・東大阪MetalCats - オリオンズ
「オープン戦」5−0で東大阪MetalCatsが勝利(6回時間切れ)
勝・藤原
敗・大内
両チームともプレーオフを見据えた戦い。
先発藤原、中継ぎ夏目、クローザー廣森と3投手で6回零封の東大阪MetalCatsが調整順調。


金岡第三試合・タイヨーフレンズ - オーシャンズ
「オープン戦」6−2でタイヨーフレンズの勝利(6回時間切れ)
勝・竹内
敗・山下
2回に2点先制したタイヨーは3回、さらに2点追加したあと8番江城がレフトへ豪快に2ランを叩き込みリードを広げた。
4回以降はリリーフしたオーシャンズ白滝から追加点を奪えないタイヨーでしたが先発竹内、抑え谷が踏ん張り勝利した。



本日金岡1塁側ベンチで忘れ物です。
20190902ペットボトル入れ

ビッグシャークか東大阪MetalCatsかと思われます。
500mlのペットボトルを入れる保冷用のものです。
白と緑のストライプです。
1ヶ月くらい音沙汰なければ我が家の三角コーナーにかぶせます。
17:42 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--