BLOG! arisu-AREA

2/10・第23回大会開幕&試合結果
2月10日大阪マンデーベースボールリーグは花園中央野球場で開会式と開幕戦を行い金岡(東大阪市)、山本(八尾市)、門真に移動して計12試合開催

試合結果は週刊ひがしおおさか様のサイト内でも時々掲載中です


去年の今頃は平成だったのに1年後には令和2年。

寒波とコロナウィルス襲来で波乱の2020年も無事開幕しました。

OsakaBigsharks二村主将の選手宣誓、東大阪MetalCats真崎選手の奥様の始球式で大会が開幕しました

花園第一試合・パラダイス - Faith
6−1でFaithの勝利
勝・内本
敗・雪丸
2回に1点先制したFaithは3回に4点4回にも1点追加とパラダイスの雪丸を打ち崩した。
パラダイスは西口が3安打も打線がつながらず完敗。
昨年王者がまさかの敗戦となった。
雪丸の4奪三振に対しFaith内本は7奪三振のピッチング。

花園第二試合・Red's - Faith
9−1でFaithの勝利(5回コールド)
勝・辻西
敗・甲斐
勢いそのままFaithは初回に5点先制、その裏Red'sは押し出しで1点返すも後続が続かず5回コールドで敗戦。
Faithは開幕ダブルヘッダーを連勝、加盟2年目にして優勝戦線へ名乗りを上げた。

花園第三試合・オーシャンズ - タイヨーフレンズ
4−1でタイヨーフレンズの勝利
勝・竹内
敗・鈴木
2回に山下の内野ゴロの間に1点先制したオーシャンズでしたが3回タイヨーは青木の逆転タイムリー、須藤も続き一挙4点。
そのまま4−1でタイヨーフレンズが勝利したタイヨー先発竹内は12奪三振の好投。

金岡第一試合・大阪アスレチックス - OsakaBigsharks
7−0で大阪アスレチックスの勝利(5回コールド)
勝・元吉
敗・二村
ホームラン・田中(アスレチックス)1号
チーム名をマイナーチェンジ、ユニホームはフルモデルチェンジと一新したOsakaBigsharksでしたが元ビッグシャークの元吉投手に2安打に抑え込まれコールドで完敗した。
数時間前に選手宣誓の大役をつとめた二村主将が先発マウンドに上がるも、アスレチックス田中に一発あびるなど苦い開幕となった。
OsakaBigsharksにとってはなんだかあわただしい1日だったかと・・・。

金岡第二試合・大阪アスレチックス - トヨタクラブ新大阪
4−0でトヨタクラブ新大阪の勝利
勝・橋本
敗・奥野
連勝して一気に首位戦線へと目論んだアスレチックスでしたが昨年3位の強豪トヨタクラブ新大阪に完封負け。
0−0の5回に2点、7回に2点と効果的に加点したトヨタクラブ新大阪が先発橋本の投打にわたる活躍で勝利した。
負けたアスレチックスにあってベテラン吉田は2安打と存在感。

金岡第三試合・住之江JAPAN - トヨタクラブ新大阪
7−0でトヨタクラブ新大阪の勝利(6回コールド)
勝・橋本
敗・石川良
トヨタクラブ新大阪は連投の橋本が6回を2安打零封し住之江JAPANにコールド勝ちした。
住之江JAPANの先発石川良も5回まで0−2と劣勢ながらまずまずの接戦に持ち込んでいたが6回一気に畳み掛けられコールドまで行ってしまった。
我慢して我慢して家までたどり着いたが便所でズボンおろす寸前に出てもうたって感じ。

ちょっとちがうか。






門真第一試合・Samurai Denkees - 大阪06パイレーツ
1−1引き分け(抽選勝ちパイレーツ)
Samurai・尾山
パイレーツ・辻隼人
Samuraiが1点先制するもすぐさまパイレーツが追いつき、両投手の好投もあってドローとなった。
パイレーツ4安打、Samurai5安打。
両先発とも5奪三振と全く互角だった。
抽選に勝ったパイレーツが勝ち点2、Samuraiが勝ち点1を獲得した。

門真第二試合・Samurai Denkees - 東大阪MetalCats
3−0で東大阪MetalCatsの勝利
勝・廣森
敗・塩屋
東大阪MetalCatsは0−0の3回に伊藤、古居らの好打で3点を先制し、先発の廣森がSamurai打線を完封した。


門真第三試合・RespectOsaka - 東大阪MetalCats
4−2で東大阪MetalCatsの勝利
勝・廣森
敗・山尾
この試合も廣森が好投し、スコア的にも終始MetalCatsが主導権を取りながらの試合展開で勝利。
前の試合でも活躍の伊藤がこの試合も3安打3打点の活躍。
最後はリリーフ夏目が締めて逃げ切った。
東大阪MetalCatsはダブルを連勝で暫定的ではあるが首位タイとなった。
初優勝へ夢が膨らむ。




山本第一試合・ファルコン - TOYOTA HK BROTHERS
8−1でファルコンの勝利(5回コールド)
勝・森月
敗・東條
昨年準優勝のTOYOTA HK BROTHERSが昨年4位のファルコンにコールド負けという予想外の結果。
もちろんこの両者必ずしもTOYOTA HK BROTHERSが勝つとは思っていなかったがコールドとは意外。
1点先制したTOYOTA HK BROTHERSにファルコンは打線爆発で一気に逆転した。
ファルコン伊藤は3安打3打点の大活躍。

山本第二試合・ファルコン - KFCフェニックス
9−0でファルコンの勝利(6回コールド)
勝・森月
敗・村田
この試合もファルコンがコールドでKFCを圧倒した。
前の試合から連投の森月が危なげなくKFC打線を1安打に抑え勝利。
打っては前の試合に続き伊藤が2安打2打点とこのダブルで計5安打5打点の打ちまくり振り。
ファルコン2016年以来の優勝へ邁進する。


山本第三試合・レッドリボン - オリオンズ
6−4でオリオンズの勝利(5回時間切れ)
勝・大内
敗・倉田
先制されたオリオンズはすかさず逆転するもレッドリボンが追いつき4−4に。
森本の3安打の活躍などで2点勝ち越したオリオンズが5回時間切れで勝利した。
昨年プレーオフまで行った加盟2年目のオリオンズ、今年も好調な立ち上がりとなった。


3月の試合予定は次週の開催終了後に発表される見込みです。
早くも雨が心配な週間天気予報となりました。

週間で思い出しましたが今年も週刊ひがしおおさか様の取材がちょこちょこ入ると思います。
事情で開会式はご出席とならなかったですが、次週以降金岡、吉原あたりにひょっこり現れるかと思います。
その節はご協力よろしくお願いいたします。
00:49 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
2/3の試合結果
2月3日大阪マンデーベースボールリーグは金岡(東大阪市)、門真でオープン戦計5試合開催

試合結果は週刊ひがしおおさか様のサイト内でも掲載中です

金岡第一試合・TOYOTA HK BROTHERS - OsakaBigsharks
7−2でTOYOTA HK BROTHERSの勝利
勝・芝田
敗・二村
ホームラン・福島、小笠原(ともにTOYOTA-HKB)
2−0と先制したのは今季からスカイブルーのユニホームに新調したビッグシャーク改めOsakaBigsharks
しかし2回TOYOTA HK BROTHERSは2−2に追いついたあと相手エラーで作った満塁のチャンスに福島のライトへの満塁ホームランで一気に逆転すると、2死後主砲の小笠原がレフトフェンスの上を軽々越える推定飛距離よくわからないダメ押しソロで7点のビッグイニングを作った。
3回以降はどちらも投手陣が踏ん張りそのまま試合終了。


金岡第二試合・TOYOTA HK BROTHERS - タイヨーフレンズ
3−2でTOYOTA HK BROTHERSの勝利
勝・小笠原
敗・谷
初回にTOYOTA HK BROTHERSは小笠原の犠牲フライで先制し、その後もタイムリーで2−0とリードするがタイヨーもタイムリーとワイルドピッチで追いつく。
5回にTOYOTA HK BROTHERSがタイヨーバッテリーのワイルドピッチで勝ち越し、その後は小笠原が要所を締め逃げ切った。

金岡第三試合・Samurai Denkees - タイヨーフレンズ
10−1でタイヨーフレンズの勝利
勝・竹内
敗・尾山
打線がつながり小刻みに得点をあげたタイヨーフレンズが竹内の好投もあり大勝。
SamuraiDenkeesは終盤に1点を返したが焼け石に水だった。

5年ほど前にSamurai山本さんに連れられて楽しそうに野球をやってた小学生が中三になり今日は野手やキャッチャーで堂々活躍。
キャッチャーから1塁のお父さんに投げた送球をお父さんは捕れなかった、もちろん悪送球ではなかった。

父子というのはだんだんそうなる。

自分も確か中二くらいのときに(1979年頃)父親とキャッチボールをして、手が痛いもう2度とせんと言われた記憶がある。



門真第一試合・東大阪MetalCats - オーシャンズ
5−4でオーシャンズの勝利
勝・鈴木
敗・松本
5−0とオーシャンズリードで迎えた最終回。
東大阪MetalCatsがオーシャンズのリリーフ白滝を襲い1点差まで詰め寄った。
しかしあと一点が遠く敗戦。
オーシャンズは昨年準決勝リーグに進出し充実の1年だった、今年も最低限そこかそこ以上を目指す。
東大阪MetalCatsは昨年エース廣森の活躍もありプレーオフに進出した、今年もオーシャンズ同様そこ以上を目標にする。


門真第二試合・東大阪MetalCats - 大阪06パイレーツ
5−5の引き分け
東大阪MetalCats・藤原、夏目
大阪06パイレーツ・若菜、辻隼人
ホームラン・伊藤(東大阪MetalCats)

本番へ向け一つは勝っておきたい東大阪MetalCatsだが5−3と2点リードの最終回に追いつかれドローとなった。

リリーフした大阪06パイレーツ辻隼人は打っても3安打の活躍。
大阪06パイレーツは今年台風の目になりそうだ。



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

次週第23回大会の開幕です。
気温は今日より寒いような感じですが、天気は晴れの予報です。
また長い1年のスタートです、みなさん怪我の無いように!


パラダイス、TOYOTA HK BROTHERS、トヨタクラブ新大阪、奈良トヨタは返還するカップ類をお忘れなく!

21:31 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
1/27の試合結果
1月27日大阪マンデーベースボールリーグは金岡(東大阪市)で計3試合開催予定も未明からの雨で全試合中止になりました。
オープン戦の開幕は次週に仕切りなおしです。

2/10開会式のスタッフを募集しています、こっち側にきてみてみませんか?

式の設営、案内、表彰式、撮影、行進、後始末など大勢おれば一人あたりちょっとのことしていただくだけです。
手伝ってあげてもいいよって方はメールかラインか電報かなんかください。
07:52 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
1/20 第23回大会の監督会議が開催されました。
1月20日大阪マンデーベースボールリーグは東大阪市の文化創造館にて開幕前の監督会議が行われました。

早朝からお手伝いに駆けつけてくださったタイヨーの住岡さん、須藤さん、ビッグの二村さん、富士野さん、興津さんはじめ、お忙しい中会議にご出席ただいた皆様に厚く御礼申し上げます。

今季の参加は昨年と同じ18チームで変更はなし、ビッグシャークがOsaka Bigsharksに改名、ユニホームも新調したそうです。

開幕戦は昨年優勝のパラダイスと昨年初加盟で5位のFaithの好カード
そのほかにもTOYOTA-HKB-ファルコンや大阪アスレチックス-トヨタクラブ新大阪などの昨年上位同士の一戦や
昨年タイトルホルダーを二人排出したRespect Osakaは東大阪MetalCatsと対戦が決まった。

全チームの抽選で選手宣誓を引き当てたのはOsaka Bigsharks、二村キャプテンが18枚のクジを一番最初に引きました。

会議の後、金岡で合同の練習会が行われ今年初の野球に汗を流した。

次週からオープン戦が始まります、2/10には花園野球場(東大阪市)で第23回大会が開幕します。

今年も、そして今年こそは怪我のない1年で!






23:11 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
2020年元旦
あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

令和二年
08:00 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
12/9リーグ忘年会開催!
12月9日大阪マンデーベースボールリーグは千日前の味園で毎年恒例の忘年会を開催いたしました。
敵も味方も無く、1年間を戦ったねぎらいと各チームの壁を乗り越えた親交の場として22回目の開催となりました。

ほぼすべてのチームが集い楽しいひと時でした。


1会場設営です

1
ビンゴの賞品。親が絶対買ってくれない種類のおやつ。

3
本日の1stビンゴはオリオンズのマネージャー

6
みやさこです。みたいな瞬間

5
最後は全員、舞台で記念撮影
02:08 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
12/2のオープン戦は中止になりました
12月2日大阪マンデーベースボールリーグは金岡(東大阪市)でオープン戦2試合開催予定でしたが未明からの大雨で全試合中止となりました。

金岡第一試合・ビッグシャーク - 東大阪MetalCats
中止
金岡第二試合・大阪06パイレーツ - タイヨーフレンズ
中止

例年12月1週目に最終のオープン戦が組まれ翌週がリーグの納会というパターンになっている。

しかしながらこの最終のオープン戦はよく中止になる、わりと高めのペースで中止になっている。
去年も中止だった。

雨の特異日だったりして。

次週は恒例のリーグ納会です。

お忙しい時期のご出席に心より感謝いたします。

楽しんでいただくことももちろんですが、他チームの選手との交流のために貴重な時間だと思っています。

酒席を通じて、じつは(良い意味で)思ってた人やチームではなかったとかシーズン中の多少のわだかまった部分などがなくなったりする有意義なひとときになったという声も聞かれたりします。
そんな想いでリーグ発足年から続き今年で22回目となりました。
納会の交流のおかげでデッドボールを巡ってピッチャーとバッターがにらみ合うとか、クロスプレーで怒号が飛び交うという愚の骨頂のような瞬間もなくなったりします。
来季グラウンドで笑顔の真剣勝負が出来るよう、楽しい野球が出来るよう意義のある納会になればと思います。

実のところそういう意味合いの強いイベントかもしれません、今年参加できなかった方も来年は是非ご参加ください!

今日流行語大賞のノミネートが発表されるらしい。

事務所総出でやりますね〜は入ってるんだろうか。

覚悟決めて認めなちゃい。おばたん〜

でもいいけど。
08:00 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
11/25の試合結果
11月25日大阪マンデーベースボールリーグは金岡(東大阪市)門真でオープン戦を計4試合開催

試合結果は週刊ひがしおおさか様のサイト内でも掲載中です

金岡第一試合・大阪アスレチックス - 東大阪MetalCats
3−0で東大阪MetalCatsの勝利
勝・廣森
敗・奥野
東大阪MetalCatsは初回に藤原が先制タイムリー、2回には松本のタイムリーで2−0とすると、先発松本を4回からリリーフした廣森が大阪アスレチックス打線を無失点に抑え、7回には伊藤がダメ押しのソロをレフトへ叩き込みシャットアウト勝利。


金岡第二試合・大阪アスレチックス - タイヨーフレンズ
8−2で大阪アスレチックスの勝利。
勝・元吉
敗・杉谷
タイヨー先発杉谷の乱調に乗じ吉田英の満塁走者一掃のタイムリーなどで大阪アスレチックスが2回までに5−0と大きくリードした。
タイヨーも2点返し追いすがるが、最終回にリリーフのタイヨー有末大が打たれ大阪アスレチックスが圧勝した。





門真第一試合・Samurai Denkees - 大阪06パイレーツ
5−3で大阪06パイレーツの勝利
勝・辻隼
敗・藤井
大阪06パイレーツは仕事で欠席となったが選抜に選ばれていた後道と辻隼の2安打含む計9安打で打ち勝った。

門真第二試合・Samurai Denkees - ビッグシャーク
6−2でビッグシャークの勝利
勝・辻野
敗・門田
来季に向けチーム力が上がってきたビッグシャークが完勝、Samuraiはダブルヘッダーを連敗で2019年を終えた。



2週間後にリーグ忘年会が開催されます、各チームの皆様におかれましてはお忙しい折に多数出席の連絡をいただき感謝しています。まだ追加可能ですので是非お知らせください。
21:16 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
11/18の試合結果
11月18日大阪マンデーベースボールリーグは で近畿統一リーグ戦を開催、両リーグ代表による決勝戦と同じく選抜選手による選抜戦の2試合を行った。

試合結果は週刊ひがしおおさか様のサイト内でも掲載中です


20191118開会式1
開会式の様子


20191118選手宣誓
選手宣誓はBMW伊藤隆選手

20191118決勝始球式
試合開始を告げる始球式は山本様


第一試合・パラダイス(大阪代表) - BMW(兵庫代表)
3−0でパラダイスの勝利
勝・雪丸
敗・三浦
9イニングで戦うこの試合、打撃、守備力、投手力のほか選手、特に投手層の厚さが明暗を分けることがある。
しかしながら両エースがどちらも完投し見ごたえのある試合となった。
BMW三浦は威力ある速球で真っ向勝負するが初回パラダイスの大濱のショートゴロが内野安打となりノーアウト1塁。
何度か対戦した大濱選手の足を知っているものとしてはショートの怠慢に近い動きを見てゴロをとる前に内野安打を確信した。
二盗も必ずあると思っていたが果たしてその通りになった。
2死後4番中西が追い込まれてからのおそらく外しにかかった高めの速球を右中間にはじき返しパラダイスが先制した。
3回も大濱がノーアウトからツーベースヒットで出塁し続く初球に三盗を決め2点目につなげた。
大濱は5回も1死後に四球を選び二盗のあとサードゴロの失策のスキに3点目のホームを踏んだ。
投げてはエース左腕雪丸が相手打線を翻弄し完封勝利。
ピンチと言えば唯一6回にワンアウト満塁という場面があったが後続をきっちり打ちとった。

各賞は大濱と甲乙つけがたい選考になったが9回完封という価値の高さが評価されMVPは雪丸が受賞した。
優秀選手賞は2塁打を含む2安打で勝利打点の中西と大濱を比較したが打点はなくとも2安打と3得点に3盗塁など足をからめた活躍が評価され大濱が優秀選手賞を受賞した。

敢闘賞は2安打打ったBMWの市川が獲得した。

20191118MVP雪丸
MVP雪丸投手(パラダイス)

詳細はリーグサイトにて

20191118決勝集合写真
決勝を戦った両チームで記念撮影

第二試合・大阪マンデーベースボールリーグ選抜 - 兵庫・神戸スパイリーリーグ選抜
10−3で大阪選抜の勝利
勝・氏川(Respect Osaka)
敗・奥内(尼崎東)
大阪選抜の先発林はRed's所属で今季最多奪三振のタイトルを獲得し意気揚々とマウンドに上がった。
しかしながら兵庫選抜の先頭打者にいきなりレフトスタンドに叩き込まれると、その後も連打を浴びダブルスチールを許し、ワイルドピッチで計2失点と苦い立ち上がりとなった。
その裏大阪選抜はトップバッターの木村(オリオンズ)が四球を選び、3番新井(新大阪)の内野安打でつなぐと5番伊藤(Metal)が追撃のセンター前タイムリーを打ち、さらに6番有末大(タイヨー)がレフトへ2点タイムリーを打ちあっさり逆転した。
2回にも四球、失策、野選で満塁とし6番有末大が1回に続く2点タイムリーを左中間深く打ちさらにリードを広げた。その後も二村(ビッグ)のタイムリーで7−2とすると3回にはヒットで出塁した木村がバッテリーミスに乗じて本塁を陥れ8−2とした。
5回にも田端(Respect Osaka)のレフト前タイムリーで追加点をあげると2回以降立ち直った先発林から氏川(Respect Osaka)につなぎ、8回からは雪丸(パラダイス)が決勝に続きマウンドにあがるスクランブル登板で締めた。
MVPは2安打4打点の有末大(タイヨー)、優秀選手賞はリリーフで勝ち投手となった氏川(Respect)と初回に反撃の口火となるタイムリーを放った伊藤(Metal)が獲得した。
兵庫選抜からは先頭打者ホームランの柏木が敢闘賞、2安打の一平が優秀選手賞をそれぞれ受賞した。

20191118選抜始球式
選抜戦の始球式はパラダイスの森本様

20191118選抜MVP有末大
選抜戦のMVP有末大自画自賛の2点タイムリー

20191118氏川胴上げ
今季限りで故郷の宮崎に帰るRespect Osaka氏川選手、藤原会長(選抜チーム監督)の計らいでサプライズの胴上げ。

20191118選抜集合写真
今年のはやり的に言うと”ノーサイド”  両軍入り乱れての撮影に来年の健闘を誓う

詳細はリーグサイトにて

画像の撮影はビッグシャーク興津さんにご協力いただきました。
ありがとうございました!


※※※※※※※※※※※※※※※※※※

本日はたくさんの裏方さんにお手伝いいただきすばらしい大会となりました。
お名前は省略させていただきますが開会式、閉会式をはじめ試合中のスコアブック、スコアボードの操作などいろんな方々の協力のもと滞りなく運営できましたことを御礼申し上げます。
第2試合の選抜戦は試合が終わった直後のパラダイスさんにも協力していただき本当に感謝です。
代表チームも選抜メンバーも次に自身が出場できなかったときや選抜されなかったときには今回快適に野球ができたことを思い出して是非出場チームや選手をフォローし、運営に力をかしてください。
よろしくお願いいたします。

重ね重ねになりますが本日はありがとうございました。

忘年会の参加人数の報告がまだのチームは急ぎお知らせください。

あとオープン戦が2週続きます、少し寒くなりそうですが来季に向け楽しく過ごしましょう。
00:35 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
11/11の試合結果
11月11日大阪マンデーベースボールリーグは金岡(東大阪市)で次週の近畿統一リーグ戦へ向けての壮行試合を開催

試合結果は週刊ひがしおおさか様のサイト内でも掲載中です

今回は優勝のパラダイスが人数揃わず選抜チームのみ試合を行いました。
相手は選抜に選ばれなかった大勢の選手からわれこそはと手を上げた精鋭たちでした。
その精鋭を毎年誰言うとも無く「裏選抜」と呼ぶようになりました。

金岡第一試合・OMBL選抜 - 裏選抜Over35歳
9−0でOMBL選抜の勝利
勝・雪丸(パラダイス)
敗・山尾(Respect Osaka)
ホームラン・小笠原(TOYOTA HK BROTHERS)
初回にOMBL選抜(以下選抜)は相手エラーなどで1点先制するとその後も得点を重ね大勝。
投げては雪丸が7回を完封し格の違いを見せ付けた。
小笠原(THKB)のレフト中段までライナーで運ぶホームランも飛び出した。

金岡第二試合・OMBL選抜 - 裏選抜Under35歳
3−0でOMBL選抜の勝利
勝・廣森(東大阪MetalCats)
敗・竹内(タイヨーフレンズ)
選抜廣森、裏選抜竹内の力投で投手戦の様相でしたが4回裏に足をからめて選抜が1点先制、5回にも代わった藤岡(パラダイス)から2点を追加しシャットアウト勝利。選抜は廣森から前の試合完封の雪丸へつなぎ磐石。

金岡第三試合・裏選抜Under35歳 - 裏選抜Over35歳
5−3で裏選抜Under35歳の勝利
勝・大濱(パラダイス)
敗・奥野(大阪アスレチックス)
先発奥野が初回に2点を献上しOver35は苦しい展開。
Under35は先発予定の大濱(パラダイス)が遅れ、選抜の小笠原(THKB)が先発、その後大濱にリレーし、攻撃陣も着々と追加点をあげ5−0と楽勝ムード。
しかし最終回にOver35は連打に押し出し、相手エラーもからめて3点を返し一矢報いた。


いよいよ次週は近畿統一リーグ戦開催。
第1試合はパラダイス-BMW
第2試合はOMBL選抜-兵庫選抜
昨年は代表のトヨタクラブ新大阪、選抜ともに勝利。
今年も強力打線のパラダイスと選抜が挑みます。

みなさん是非観戦にいらしてください。

八尾市山本球場で
9:30開会式〜10:20第一試合
12:30第二試合です。


本日の金岡で3塁側ベンチに忘れ物がありました。
20191111金岡忘れ物
レジャーシートのようなもので巾着というか袋にきれいにたたんで入っています。
1ヶ月くらいで持ち主が現れない場合は我が家でレジャー気分を味わいます。
21:20 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--