BLOG! arisu-AREA

<< 3/9の試合結果 | TOP | 3/23の試合結果 >>
3/16の試合結果
3月16日大阪マンデーベースボールリーグは金岡、吉原(東大阪市)、門真で計9試合開催

開幕から月曜の天気を心配しなくて良い日というのが1日たりとてない。
今日も前日からの雨や週間天気に気をもまされた。
そんな中で今季は1日の中止もなく開催できているのが奇跡に思えるくらい不思議だ。


金岡第一試合・Respect Osaka - パラダイス
1−0でRespect Osakaの勝利
勝・氏川
敗・雪丸
氏川投手はリーグ12回目(11人目)のノーヒットノーランを達成しました。
パラダイスの先発雪丸も11奪三振を奪う力投。
0−0の最終回にRespect Osakaの1番南保のサヨナラタイムリーで投手戦に幕を下ろしました。
門真のグランドでその一報が流れた時は”氏川君ならありえるな”といった声が多くあがった。
ただ相手が強打のパラダイスというのでさらにビックリだった。


金岡第二試合・Respect Osaka - オーシャンズ
4−0でRespect Osakaが連勝
勝・山下
敗・安田
今季投打ともに好調のオーシャンズ安田がそれを上回る好調をキープするRespect Osakaにつかまった。
Respect Osaka・山下-柏尾の完封リレーで連勝。
開幕から1分けをはさんで6連勝となった。

吉原第一試合・パルプンテいずみ - CROWS
5−2でパルプンテいずみの勝利
勝・藤原
敗・岩坂
昨年4位と準優勝の激突。

パルプンテいずみ1番勝岡、先発藤原らの活躍で強敵に完勝。
CROWS先発岩坂も打っては2安打と気を吐いたが及ばず。


吉原第二試合・パルプンテいずみ - 住之江JAPAN
4−3で住之江JAPANの勝利
勝・石川良
敗・和泉
初回に2点先制したパルプンテいずみだったが3−1でリードの5回に逆転を許した。
住之江JAPAN・石川良投手のピッチングに翻弄(ほんろう)されたか。

吉原第三試合・KFCフェニックス - 住之江JAPAN
6−4で住之江JAPANの勝利
6回時間切れ
勝・北脇晃
敗・和田
6回まではKFCのペース。
しかし6回裏に住之江JAPANは押し出しで1点差とし尚も満塁から山本星がセンター前に軟式特有の高いバウンドのセンターオーバーを打ち走者を一掃した。
と、ここで時間切れ試合終了となった。
KFCフェニックスあと一歩で今季の初勝利が逃げた。



門真第一試合・大阪バンブス - 東大阪Metal Cats
8−1で大阪バンブスの勝利
5回コールド
勝・石原
敗・太田
東大阪MetalCats太田投手のまっすぐ、変化球もよかったがこの日は久し振りに大阪バンブス打線が振れていた。
Metal Catsは古居のライトオーバーのタイムリーで1点返すのが精一杯でした。

門真第二試合・大阪バンブス - 難波ヤンキース
13−1で大阪バンブスの勝利
4回時間切れ
勝・雲戸
敗・内海
難波ヤンキース投手陣が崩壊した。
4回には押し出し連発とタイムリーで一挙7点のビッグイニングを作られ終了。
大阪バンブスは連勝で勝率5割に戻した。

門真第三試合・RED HAWKS - 難波ヤンキース
8−3でRED HAWKSの勝利
6回時間切れ
勝・浜田
敗・畑
先制したのは難波ヤンキース、長打が繋がり2回に3点を先取、しかしRED HAWKSは3回に相手エラーから同点に追いつくとその後も追加点を重ね8−3で逆転勝ちした。

門真第四試合・RED HAWKS - タイヨーフレンズ
13−0でタイヨーフレンズの勝利
5回コールド
勝・元吉
敗・浜田
初回、1番須藤の内野安打から打線が繋がり打者9人で5点先取したタイヨー、2回にも1点加えると3回にも5点のビッグイニング。
終わって見れば12安打毎回得点のタイヨーがコールド勝ち。
タイヨー先発元吉は5回を4安打零封。
タイヨーフレンズはこれで開幕から7連勝。
今後上位チームとの対戦に真価が問われることになる。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

すでにサイトで既報だが東大阪Metal Catsの古居(こい)さんの息子さん奨麻君が奈良大付属高校の内野手として2年生ながらセンバツのベンチ入りをはたした。
秋の近畿大会ではメンバー外だったので発売中の雑誌には名前がないがひと冬越して13番をつかみとったそう。
初戦は3/23(月)に福井の敦賀気比と対戦する。
たまたまだが月曜なので東大阪Metal Catsも試合がある。
父が甲子園の息子ほったらかしてラジオ聴きながら吉原のグランドに立ってたらきつく抱きしめてあげようと思う。
同じく奈良大付の部長中本氏も大阪バンブスのOBだったりもするがじつはそのほかにも今年の選抜は周辺が賑やかである。
龍谷大平安背番号15でベンチ入りする2年生竹葉君の父は元タイヨーフレンズ。
同じく京都代表の立命館宇治でレギュラーを張る3年生、藤岡拓郎君は当リーグの監督会議にいつも顔を出していただく保険屋さんの藤岡さんのご子息である。

今年のセンバツはおもしろそうだ。

00:26 | やきゅう | comments(2) | - | pookmark
コメント
リスペクト6様
了解です、記録部に伝えました。
ご指摘ありがとうございます!
2015/03/18 8:42 AM by ari
お疲れ様です。
今 記録表を拝見させて頂きましたが、
南保の打席数が1つ少なく
記録されています。
2015/03/17 6:56 AM by リスペクト6
コメントする











10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--