BLOG! arisu-AREA

<< 9/26の試合結果 | TOP | 刻々と今季のクライマックスが近づいて・・・ >>
10/3の試合結果
10月3日大阪マンデーベースボールリーグは金岡、吉原(東大阪市)でプレーオフ計6試合開催

試合結果は週刊ひがしおおさか様のサイト内でも掲載中です

金岡第一試合・トヨタクラブ新大阪 - 住之江JAPAN
住之江JAPAN人数そろわず無念の不戦敗

練習試合も行わず


金岡第二試合・タイヨーフレンズ - オーシャンズ
3−2でタイヨーフレンズの勝利
6回時間切れ」
勝・元吉
敗・田中
タイヨー打線が初回につながる。
1番上野デッドボール、盗塁の後杉谷がライト線へタイムリーツーベース。
続く青木も1,2塁間をしぶとく破り速攻で2点を先取。
しかし直後の2回にオーシャンズは3塁にランナーをおいて7番長谷川が豪快に左中間を破り1点差とする。
5回にタイヨーが青木の犠牲フライで貴重な追加点を入れると、すかさずオーシャンズも安田のあわやのレフトオーバーのタイムリーで2−3と差を詰める。
中盤から終盤にかけて一進一退の攻防が続いたがそれがタイヨーには幸い、オーシャンズには災いとなり六回途中時間切れで決着した。

金岡第三試合・タイヨーフレンズ - トヨタクラブ新大阪
2−1でタイヨーフレンズの勝利
勝・七宮
敗・岩永
トヨタクラブ新大阪は1回2番奥田が出塁、ツーアウト三塁となりワイルドピッチで1点を先制する。
一方タイヨーはトヨタクラブ新大阪先発岩永の前に4回2死までパーフェクトに抑えられる。
しかし4回ツーアウト無走者から空模様が怪しくなり開始直後から降っていた小雨が本降りになった。
それが影響したかどうかはわからないがここまで抜群の制球を誇っていたマウンドの新大阪・岩永の手元が微妙に狂いはじめボール球が増えてきた。
3番青木四球のあと4番岡田にレフト線へ運ばれ同点、つづく元吉もライト線へライナーで打ち返し一気に逆転した。
その後タイヨー先発七宮は5回6回といずれもワンアウト2,3塁のピンチを背負うが
気迫の投球で予選リーグ3位の新大阪打線を抑え、最終回は3人で打ち取り完投勝利。
タイヨーフレンズが3年ぶりに5位決定戦の舞台をつかんだ。


吉原第一試合・Respect Osaka - 東大阪Metal Cats
5−1でRespect Osakaの勝利
勝・山尾
敗・久野
お互いをよく知る両チーム同士の対戦。
Respect Osakaはエース氏川を温存、今季休部したビッグシャークから移籍の山尾が見事に試合を作った。
負けた東大阪Metal Catsは4安打、一方Respect Osakaは3安打だった。

吉原第二試合・パラダイス - Red's
3−0でパラダイスの勝利
勝・雪丸
敗・林
パラダイス雪丸が13奪三振の好投、強力Red's打線を住田、藤井の2安打のみに封じた。

吉原第三試合・Respect Osaka - パラダイス
7−1でRespect Osakaの勝利
5回時間切れ
勝・氏川
敗・雪丸

パラダイスが勝てば3年ぶりの5位決定戦出場、Respect Osakaが勝てば加盟以来初めての5位決定戦進出となる。
予選リーグの順位はRespect Osakaが圧倒的も地力あるパラダイスが有利との下馬評。
しかしフタを開けてみると初回にRespect Osakaが打者一巡の猛攻で6点先取。
意外な展開となった。
結局そのまま逃げ切ったRespect Osakaが悲願の初出場を決めた。




すでに加盟各チーム、非加盟チームにもメールしておりますが10/17にオープン戦を開催いたします。
ご希望チームの責任者は返信下さい。
定数に達しましたら予告なく締め切ります。

23:11 | やきゅう | comments(2) | - | pookmark
コメント
Nakamori Eri様
開幕戦が遠い昔のような気もするし、こないだのような気もします。
1年間ありがとうございました。応援よろしくです!
2016/10/04 9:19 AM by ari
5位決定戦進出、おめでとうございます!!
応援行きます!!
2016/10/04 7:16 AM by Nakamori Eri
コメントする











10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--