BLOG! arisu-AREA

<< 主審の皆様をご紹介させていただいております。 | TOP | 5/22の試合結果 >>
5/15の試合結果
5月15日大阪マンデーベースボールリーグは金岡(東大阪市)、門真で計8試合開催

試合結果は週刊ひがしおおさか様のサイト内でも掲載中です

金岡第一試合・東大阪MetalCats - ビッグシャーク
4−3で東大阪MetalCatsの勝利
勝・廣森
敗・浜田
初回に浜田の2点タイムリーで幸先良く先制したビッグシャーク、しかしMetalCatsは5回に集中打で逆転し逃げ切った。
ビッグシャークは最終回、一打サヨナラの場面を迎えたが及ばず。
両チームとも4安打ずつ。

金岡第二試合・東大阪MetalCats - KFCフェニックス
4−3で東大阪MetalCatsの勝利
勝・廣森
敗・尾崎
ホームラン・出口(KFC)
この試合もMetalCatsが1点差で逃げ切った。
MetalCatsは6安打、一方負けたKFCフェニックスは7安打。

金岡第三試合・Respect Osaka - オーシャンズ
6−2でオーシャンズの勝利(5回時間切れ)
勝・伊達
敗・山尾
オーシャンズはBreakersから移籍の伊達、Respect Osakaはビッグシャークから移籍の山尾がそれぞれ先発のマウンドへ。
自身も3安打、計11安打の援護をもらったオーシャンズ伊達が危なげなく勝利した。


金岡第四試合・Respect Osaka - RED HAWKS
RED HAWKSの人数不足によるRespect Osakaの不戦勝
練習試合の結果は9−0でRespect Osakaの勝利(6回コールド)
勝・山尾
敗・三牧
序盤からリードしたRespect Osakaがコールドで圧勝した。
Respect Osaka神田は4打点の活躍。


門真第一試合・大阪アスレチックス - パラダイス
6−2でパラダイスの勝利(5回時間切れ)
勝・雪丸
敗・高嶋
先制したパラダイスに追いついたアスレチックス、2−2からの4回にパラダイスが勝ち越しそのまま押し切った。
雪丸は序盤こそ不安定だったが後半は持ち味発揮し完投勝利。

門真第二試合・大阪アスレチックス - パルプンテいずみ
6−6の引き分け(大阪アスレチックスの抽選勝ち)
大・田中
パル・松野優
初回に連打で5点先制のパルプンテいずみ、2回にも1点追加し楽勝かと思われたが勢いはここまで、ランナーをため、小刻みに反撃したアスレチックスが最後はマウンドを守った田中の犠飛で同点に、抽選もアスレチックスがものにし勝ち点2をあげた。

門真第三試合・ファルコン - ジェネシス
5−3でファルコンの勝利(6回時間切れ)
勝・田盛
敗・安芸
先制したのはジェネシス、しかしファルコンは迫田のタイムリーですぐさま同点に。
少ないチャンスを生かしたジェネシスは5回に2点勝ち越し終盤へ。
ファルコンは6回に見事な集中打で同点とすると、大内の逆転タイムリーが出て勝利。



門真第四試合・ファルコン - タイヨーフレンズ
2−2の引き分け(ファルコンの抽選勝ち)
ファル・田中裕
タイヨ・元吉
初回にエラーと迫田のレフトオーバーのタイムリーで先制したファルコン。
しかしタイヨーは4回にタイムリーなどで2点取り逆転。
中盤以降タイヨー元吉の力投の前にヒットが続かないファルコンでしたが、最終回ワンアウト2.3塁のチャンスで
監督の田中裕みずからスクイズを決め土壇場で同点に追いついた。
その裏タイヨーフレンズもツーアウト満塁と攻めたがあと一本が出ず。
ファルコンはさすがのディフェンディングチャンピオン、タイヨーはあと一歩というところで金星を逃した。
00:12 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
コメント
コメントする











08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--