BLOG! arisu-AREA

<< 5/22の試合結果 | TOP | 元吉投手通算100勝達成!(6/5の試合結果) >>
5/29の試合結果
5月29日大阪マンデーベースボールリーグは金岡、吉原(東大阪市)、門真で計8試合開催

試合結果は週刊ひがしおおさか様のサイト内でも掲載中です

金岡第一試合・タイヨーフレンズ - パラダイス
9−0でパラダイスの勝利(6回コールド)
勝・雪丸
敗・元吉
ホームラン・藤原(パラダイス)1号

2回にパラダイスが藤原のソロで先制、タイヨー先発元吉もその後踏ん張るが4回に追加点を許すとそのままズルズルと失点し6回でコールド負け。
ホームランを打った藤原は計5打点の活躍。

金岡第二試合・Breakers - パラダイス
12−4でパラダイスの勝利
勝・雪丸
敗・福永
ホームラン・中西(パラダイス)3号、藤原(パラダイス)2号、川田(Breakers)3号
初回にパラダイスはホームランダービー単独トップとなる中西の3号ソロで先制、その裏Breakersもトップタイとなる3号ソロを川田が放ち同点に。
しかしパラダイスはこの後から7回まで毎回得点の猛攻で圧勝。
前の試合でホームランを打った藤原も2試合連続の2号ソロのおまけつき。
Breakersの川田も先週から2試合連続ホームランとなり、両者とも6/12にリーグタイの3試合連続ホームランの記録がかかる。
パラダイスの毎回得点はありそうでない記録。
データをひも解いてないので不明だが大体がコールドになるか時間切れになるので7回まで行なって毎回得点は珍しい。

吉原第一試合・レッドリボン - ビッグシャーク
7−0でビッグシャークの勝利(5回コールド)
勝・浜田
敗・門上
ビッグシャークは浜田、小林の継投でノーヒットノーラン。


吉原第二試合・レッドリボン - オーシャンズ
9−0でオーシャンズの勝利(5回コールド)
勝・伊達
敗・向井
オーシャンズ長谷川は3安打2打点の活躍。
レッドリボンはこの試合ようやく1安打、あやうく2試合連続ノーヒットに抑えられるところだった。

吉原第三試合・RED HAWKS - オーシャンズ
RED HAWKSの人数不足でオーシャンズの不戦勝
練習試合も行わず。




門真第一試合・東大阪MetalCats - Respect Osaka
8−0でMetalCatsの5回コールド勝利
勝・廣森
敗・柏尾
やはり昨年5位のRespect Osakaの元気が無い。エース氏川の故障が大きいようだ。


門真第二試合・東大阪MetalCats - Samurai Denkees
8−7でMetalCatsの勝利
勝・廣森
敗・尾山
MetalCats佐藤は3安打3打点。終盤一気に逆転したMetalCatsの勝利。
Samurai尾山は8奪三振の力投も実らず。

門真第三試合・大阪アスレチックス - ジェネシス
8−2でジェネシスの勝利
勝・向井
敗・高嶋
この試合の前にジェネシス志水監督みずからトーナメント大会の抽選のため金岡に。
そのジェネシスは左腕のエース小手田抜きの苦しい台所事情も先週に続き向井が好投しアスレチックス打線をねじ伏せた。


金岡の第1試合終了後に第18回OMBL杯トーナメント大会の組み合わせ抽選を行いました。

20170529トーナメント3

組み合わせはこちら

20170529トーナメント2
20170529トーナメント1
20170529トーナメント3
昨年覇者のチームHYはRED HAWKSと対戦。
準優勝の奈良トヨタは2回戦からの登場で鳳コムレイズと、昨年で当リーグを脱退したCROWSも2回戦からの登場でハイスポッティングと磐余(いわれ)の勝者と対戦が決まりました。

大会は6/19,6/26の2日間で行われます。
01:08 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
コメント
コメントする











08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--