BLOG! arisu-AREA

<< 元吉投手通算100勝達成!(6/5の試合結果) | TOP | 6/19の試合結果 >>
6/12の試合結果
6月12日大阪マンデーベースボールリーグは金岡、吉原(東大阪市)、門真で計11試合開催

試合結果は週刊ひがしおおさか様のサイト内でも掲載中です

金岡第一試合・トヨタクラブ新大阪 - ジェネシス
5−2でトヨタクラブ新大阪の勝利(6回時間切れ)
勝・橋本
敗・小手田
ホームラン・岩永(新大阪)2号ソロ
初回岩永の犠飛などで2点先制したトヨタクラブ新大阪は3回に山下の2点タイムリーで4−0と突き放す。
ジェネシスは中盤新大阪先発の橋本をとらえて2点を返すも、直後に岩永がセンターオーバーのソロホームランを打ち突き放した。
トヨタクラブ新大阪は橋本から岩永、渡邊とつなぎ逃げ切った。

金岡第二試合・トヨタクラブ新大阪 - ファルコン
4−2でトヨタクラブ新大阪の勝利
勝・岩永
敗・田中裕
最終回裏で4−0とリードのトヨタクラブ新大阪、その最終回も2アウトランナー無し。
しかし昨年チャンピオンのファルコンも粘りをみせ、2点返したあとツーベースと四球2つで満塁とし一打同点、長打でサヨナラという場面まで持ち込んだ。
しかしながら最後の打者は鋭い当たりのファーストゴロで万事休したが王者の意地を垣間見た気がした。


金岡第三試合・TOYOTA HK BROTHERS - ファルコン
7−0でTOYOTA HK BROTHERSの勝利(5回コールド)
勝・東條
敗・木佐貫晋
昨年決勝の再戦、2回までは投手戦だったが3回に鷲尾、北浦のタイムリーと押し出しなどでTOYOTA HK BROTHERSが5点のビッグイニング。
快調に飛ばすHK先発東條の出来からこの5点で試合は決した。
5回裏に2点追加しコールドという意外な幕切れでTOYOTA HK BROTHERSが勝利した。
予選リーグA・B両グループ1位通過の対戦、ましてや直前の試合を落としているファルコンにとっては痛すぎる敗戦となった。
すでにアドバンテージの恩恵はなくなった。

金岡第四試合・TOYOTA HK BROTHERS - タイヨーフレンズ
7−4でタイヨーフレンズの勝利
勝・元吉
敗・上山
ここ数年負けたことの無いタイヨーフレンズ相手に確実に勝利したいTOYOTA HK BROTHERSは3回に敵失と押し出しで3点先制した。
しかしその裏タイヨーは1,2塁から青木のタイムリースリーベースで2点を返し1点差に詰め寄ると、4回に
高浦のタイムリー、ワイルドピッチなどで4点奪い逆転した。
さらにタイヨーは6回、興津のツーベースヒットを足がかりに尾崎のタイムリーで1点追加し差を広げると、先週通算100勝を達成したタイヨー先発元吉はTOYOTA HK BROTHERS最終回の攻撃を1点に抑え見事に完投勝利した。

TOYOTA HK BROTHERSもまたアドバンテージの恩恵を使い果たした。

吉原第一試合・Red's - レッドリボン
8−0でRed'sの勝利(5回コールド)
勝・林
敗・門上
自力に勝るRed'sがレッドリボンを寄せ付けず圧勝。
Red'sは10安打、藤井は被安打1の6奪三振。

注)Red'sの勝利投手を当初藤井としていましたが林の誤りでした。訂正いたします。

吉原第二試合・Red's - ビッグシャーク
4−2でビッグシャークの勝利(6回時間切れ)
勝・浜田
敗・甲斐
2−2からビッグシャークが勝ち越し勝利。
藤原監督率いるビッグシャークは今年鮮やかに復活した。ただいま好調。

吉原第三試合・KFCフェニックス - RED HAWKS
KFCフェニックス人数不足でRED HAWKSの不戦勝
練習試合は6−5でKFCフェニックスのサヨナラ勝ち
勝・三木
敗・三牧


吉原第四試合・Breakers - 大阪アスレチックス
3−0で大阪アスレチックスの勝利
勝・吉田英
敗・福本
0−0の6回にアスレチックスが3点を取り試合を決めた。
吉田英は完封。
Breakers川田は前回までで2試合連続ホームランとしていたが、直前の4/10にホームランを打っておりすでに3試合連発中だったことがわかった。
この試合は新記録となる4試合連続がかかったが不発に。


門真第一試合・パルプンテいずみ - パラダイス
5−1でパラダイスの勝利
勝・雪丸
敗・松野優
決勝進出の望みがあるパラダイスは一戦必勝で残り試合を戦う。
エース雪丸は9奪三振。

門真第二試合・オーシャンズ - Samurai Denkees
7−5でオーシャンズの勝利
勝・植村脩
敗・藤井
先攻のオーシャンズが点を取るとSamuraiが追いつく展開、Samurai尾山は3打点。
オーシャンズは昨年に続いてプレイオフに進出するためにはもう負けられない。


門真第三試合・Respect Osaka - Samurai Denkees
18−1でRespect Osakaの勝利(5回コールド)
勝・山尾
敗・尾山
ホームラン・氏川(Respect)1号
2・4・8・4と得点を重ねたRespect Osakaが今季まだ勝利の無いSamurai Denkeesを圧倒した。
Respect神田は6打点、チームは15安打。
双方の投手、名前がなんか面白い。





本日金岡にてタオルの忘れ物がありました。
1塁側ベンチに忘れていたそうです、預かっていますのでお心当たりのあるかたは私(有末)までお知らせください。
母校でしょうか東海大仰星のタオルです。
洗濯していませんのでお早めに。
2週間程度でお申し出が無い場合は、うちの近所のじじいに足の指の間を洗って日々感謝してくださいとプレゼントします。
20170612ギョウセイのタオル



04:10 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
コメント
コメントする











10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--