BLOG! arisu-AREA

<< 6/19の試合結果 | TOP | 7/3の試合結果 >>
6/26の試合結果
6月26日大阪マンデーベースボールリーグは金岡、吉原(東大阪市)、門真で計10試合開催
うち3試合はOMBL杯トーナメント大会準決勝〜決勝です。

試合結果は週刊ひがしおおさか様のサイト内でも掲載中です

金岡第一試合(トーナメント準決勝)・チームHY - CROWS
CROWSの人数不足でチームHYの不戦勝。


金岡第二試合(トーナメント準決勝)・ビッグシャーク - 鳳コムレイズ
5回時間切れ、6−6の引き分け
抽選勝ちビッグシャーク
ビッグシャーク・山本、小林
鳳コムレイズ・松村、糊谷、松原
ホームラン・糊谷(鳳)

鳳コムレイズが2点先制しこのままいくかと思われたがビッグシャークが集中打で同点に、しかし鳳コムレイズは糊谷が右打席から右中間へライナーで柵越えという規格外のホームランを放ち再びリード。
ビッグシャークは3−4のまま迎えた5回に鳳コムレイズ救援陣を攻め3点取り逆転。
しかしながら時間的にこの回が最終回となった5回裏に勝利を意識した?ビッグシャーク守備陣の乱れに乗じ鳳コムレイズが同点に追いついた。
そのまま予想通りの時間切れで6−6でゲームセット。
勝敗の行方は抽選(ジャンケン)へ、こんな場合は得てして最後に追いついた鳳コムレイズの流れだろうかと思われたが意外にも?ビッグシャークがジャンケン5連勝で準決勝へコマを進めた。

金岡第三試合(トーナメント決勝)・チームHY - ビッグシャーク
13−4でチームHYの勝利。
勝・渡邊祐
敗・浜田
ホームラン・渡邊祐(HY)3
初回は無得点同士の静かな立ち上がりも2回裏にチームHYがこの回先頭の5番渡邊祐の右越え2塁打を足がかりに5点取り試合を有利に。
その後チームHYの5番渡邊祐は3回、4回、5回と3イニング連続で回ってきた打席でことごとくライト柵越えを放ち相手、味方、観客の度肝を抜いた。
ビッグシャークも最終回に連打で4点返し意地を見せるも時すでに遅し。
MVPは渡邊祐
敢闘賞はビッグシャークの中村圭が獲得した。

チームHYは2年連続7回目の優勝。
昨年は奈良トヨタ相手にタイブレークという決勝だったが今年は打線の爆発もあり圧勝だった。

この試合、試合中のヤジなどをめぐり終了後少し険悪なムードに、お互い熱くなり思いとは裏腹の言葉を発してしまったりすることもあるかと思います。また一度言ってしまうと意地になりどんどん深みに嵌っていくことも・・・。
色々と原因があり気持ちもわからんでもないですが・・・。

まあ最後は大人の対応といいますかなんといいますかぐっとこらえての手打ちとなったようです。

トーナメント大会の画像などは後ほど更新いたします。


以下はリーグ戦の結果

吉原第一試合・Red's - オーシャンズ
4−1でオーシャンズの勝利
勝・安田
敗・林
初回お互いにヒットとエラーで1点ずつ取り合う。同点の3回にオーシャンズが3点勝ち越し勝利。
今年2度目の先発オーシャンズ安田はかつての奪三振王。
さすがの10奪三振で存在感。
Red'sのサブマリン林も試合を経験するごとにピッチングの精度が上がっている感じがする。
来季以降が楽しみな投手。

吉原第二試合・パラダイス - TOYOTA HK BROTHERS
6−3でTOYOTA HK BROTHERSの勝利
勝・東條
敗・雪丸
ホームラン・藤原(パラダイス)3号
ホームランダービートップに並ぶ3号同点ホームランの藤原、マウンドにはエース左腕雪丸を要し勝利したかったパラダイスでしたが昨年の銀メダリストTOYOTA HK BROTHERSの前にあえなく敗戦。
残り試合に上位進出をかける。

TOYOTA HK BROTHERS西川は3安打の活躍。

吉原第三試合・パルプンテいずみ - TOYOTA HK BROTHERS
3−1でTOYOTA HK BROTHERSの勝利
勝・西川
敗・松野優
ホームラン・西川(HK)2号
お互いに3安打ずつの投手戦。マウンドを守った西川(HK)がホームランも打ち逆転勝ち。
TOYOTA HK BROTHERSは大事な試合を連勝し、2年連続決勝進出へ一歩前進。

吉原第四試合・Respect Osaka - レッドリボン
レッドリボンの人数不足でRespect Osakaの勝利。
練習試合も行なわず。




門真第一試合・トヨタクラブ新大阪 - 大阪アスレチックス
2−1で大阪アスレチックスの勝利
勝・中尾
敗・橋本
6回時間切れ
逆転で初の決勝進出へ負けられないトヨタクラブ新大阪がアスレチックス相手にあと1本が出ず敗戦。
アスレチックスは0−1の4回に同点、6回に逆転し勝利。
3位決定戦進出を狙う。

門真第二試合・トヨタクラブ新大阪 - Breakers
8−1でトヨタクラブ新大阪の勝利
勝・柏田
敗・福本
6回コールド
連敗は許されない新大阪がここは順当に勝利。
決勝進出へ土俵際残った。

門真第三試合・Samurai Denkees - KFCフェニックス
8−1でKFCフェニックスの勝利
勝・尾崎
敗・藤井
6回コールド
Samurai Denkees藤井投手は8失点も完投。
味方打線の奮起とともに試合の主導権を握る展開が叶えばわりと粘れる藤井投手。
今季初勝利なるか・・・残り試合はあとわずか。
02:26 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
コメント
コメントする











08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--