BLOG! arisu-AREA

<< 7/3の試合結果 | TOP | 7/24の試合結果・トヨタクラブ新大阪が決勝進出! >>
7/10の試合結果
7月10日大阪マンデーベースボールリーグは金岡(東大阪市)、門真で計6試合開催

試合結果は週刊ひがしおおさか様のサイト内でも掲載中です

金岡第一試合・KFCフェニックス - ビッグシャーク
KFCフェニックス人数不足でビッグシャークの不戦勝
練習試合の結果
6−1でビッグシャークの勝利(6回時間切れ)
勝・有末大
敗・三木


金岡第二試合・東大阪MetalCats - レッドリボン
9−0で東大阪MetalCatsの勝利(6回コールド)
勝・太田
敗・門上
太田はノーヒットノーラン(6回参考)
MetalCatsは9安打、橋本は5盗塁
奪三振は太田7に対し門上6と互角。
1−0とMetalCatsわずかにリードという試合展開だったが4,5,6回で8点をあげコールドゲームに。

金岡第三試合・RED HAWKS - Samurai Denkees
18−4でRED HAWKSの勝利(5回コールド)
勝・仮屋静
敗・尾山
RED HAWKSはSamuraiの繰り出す3投手から14安打。
2回終わって3−2とSamuraiがリードしていた。
しかし3回表にRED HAWKSが一気に12点をとり試合が決まった。
Samurai藤井監督の試合後の談話では12点取られるまでは勝ったと思っていたそう。
せめて”勝てそう”くらいにしとけば野球の神様もおとなしかったものを”勝った”とか思っちゃったので
神様をちょと怒らせてしまった。


門真第一試合・タイヨーフレンズ - Breakers
7−5でタイヨーの勝利(6回時間切れ)
勝・元吉
敗・福永
ホームラン・江城(タイヨ)
初回先制したBreakersだったがすぐにタイヨーが逆転、さらに江城がダメ押しかと思われた3ランで7−1とした。
Breakersは6回に4点をとり2点差に、しかし追い上げもここまで、後続をなんとか断ったタイヨーが2点差で逃げ切った。

門真第二試合・ジェネシス - パラダイス
3−3の引分(抽選勝ちはパラダイス)
パラダイス・雪丸
ジェネシス・小手田
2−2の最終回表にパラダイスが1点勝ち越すもその裏ジェネシスが追いつき抽選に。
今季の加盟以来ジャンケンで負けたことが無いジェネシスだったが今日はついに負けた。
パラダイスは残り1試合に勝っても1位のファルコン、HKに並ぶのが精一杯で追い抜けなくなり規定により決勝進出の可能性が潰えた。


門真第三試合・大阪アスレチックス - TOYOTA HK BROTHERS
6−4で大阪アスレチックスの勝利
勝・吉田英
敗・東條
ホームラン・島田(アスレチックス)
勝てば決勝進出が確定するTOYOTA HK BROTHERS。
しかしながらアスレチックスは初回から毎回得点で4回を終わって6−0とコールド寸前までリード。
5回以降TOYOTA HK BROTHERSが追い上げるもわずか及ばず、ゲームセット。
TOYOTA HK BROTHERSにとっては痛い敗戦となった。

今年の決勝進出チームはファルコン、TOYOTA HK BROTHERSの昨年のファイナリストにトヨタクラブ新大阪が加わり混沌としてきた。


リーグサイトにも掲載していますが規定により勝ち点が同点の場合は予選リーグの順位で、またそれも同じ場合は直接対戦の成績で順位を確定します。
あらかじめご了承ください。



00:07 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
コメント
コメントする











12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--