BLOG! arisu-AREA

<< 8/21の試合結果 | TOP | 高校野球、いろいろ雑感 >>
8/28の試合結果
8月28日大阪マンデーベースボールリーグは金岡、吉原(東大阪市)で計6試合開催

試合結果は週刊ひがしおおさか様のサイト内でも掲載中です

金岡第一試合(オープン戦)・オーシャンズ - タイヨーフレンズ
3−3の引分
タ・元吉
オ・鈴木
両先発の力投もあり締まった試合。
楠田のタイムリー、元吉の犠牲フライなどで3点を取ったタイヨーが3−1でリードした5回のオーシャンズ、ツーアウト2・3塁から長谷川がレフト線への2点タイムリーを打ち同点に追いつく、その後両チームとも決定打が出ず6回時間切れで試合終了となった。
20170828元吉犠牲フライエラー
「元吉の犠牲フライでタイヨー2点目(捕手植村渉、3塁走者谷村)」

金岡第二試合(オープン戦)・東大阪MetalCats - タイヨーフレンズ
2−1でタイヨーの勝利
勝・江城
敗・福山
MetalCatsがタイムリーで1点を先制。
そのMetalCats先発の藤原が5回までノーヒットノーランの力投。
しかし1−0の6回表にタイヨーは須藤の初ヒットをきっかけに同点に追いつく。
7回MetalCatsリリーフの福山からタイヨーは先頭尾崎のレフト前ヒットと盗塁でノーアウト3塁のチャンス、
続く青木はサードゴロも3塁ランナー尾崎の好走塁でホームをおとしいれ2−1と逆転に成功。
そのまま7回裏MetalCats最後の攻撃へ。
タイヨーはこの回からリリーフの尾崎がマウンドへ。
先頭は打ち取ったもののそのあとが四球、死球、ヒットと大乱調でワンアウト満塁と一打サヨナラのピンチ、MetalCatsにとっては逆にサヨナラの絶好のチャンス。
しかしここは尾崎が踏ん張りショートゴロ併殺で切り抜けゲームセット。
中々の貧打戦というか投手戦でした。
20170828青木フライキャッチ
「難しいフライを好捕するタイヨーショート青木(右は2塁手楠田)」

金岡第三試合(オープン戦)・東大阪MetalCats - ビッグシャーク
12−10でMetalCatsの勝利
勝・松本
敗・中村
ビッグが2回に1点を先制、しかしMetalCatsは3回に6点のビッグイニングで逆転。
5回裏にビッグは打者一巡半くらいして9点を取り一気の逆転。10−6とする。
20170828藤原会長レフト前タイムリー
「ビッグシャーク監督でもあるリーグ会長藤原が10点目のタイムリーをレフト前に鋭いライナーで運ぶ。」

6回表、時間からしてこの回抑えればビッグの勝利というところで、この回からリリーフの中村が捕まり
12−10とMetalCatsが再逆転。
もうすでに2時間以上経過しオープン戦ということもありここで打ち切り。
野球のルール上は10−6でビッグの勝ちだが、まあなんとなくそのまま12−10で記録した。
MetalCatsは先発久野から高倉、藤原、松本
ビッグは先発有末大から近藤、中村、そして再び近藤とつないだ。
20170828MetalCats高倉
「MetalCats2番手高倉投手はソフトボール出身の女性プレーヤー、制球定まらず2四球で交代となったがスピードのあるストレートを投げ込む堂々のピッチングでした。」

この試合はオープン戦だったのでどっちが勝ったとか負けたとかは記録的に重要でないがこれが公式戦だった場合は
前のイニングの10−6が有効となりビッグの勝利となる。
リーグの取り決めでは表リードのまま時間切れになることは原則まれだが、例外としてグラウンドの使用時間などによってはこのように裏の攻撃が完了しないまま打ち切りとなる場合がある。
その場合は野球のルールにのっとり完了していないイニングは無効となりますのであらかじめご了承ください。

吉原第一試合(順位決定リーグ)・Red's - RED HAWKS
4−1でRed'sの勝利
勝・林
敗・三牧
Red's4番津山が3安打の活躍
2−1でRed'sわずかにリードの7回に貴重な追加点をあげ逃げ切った
Red's林は3安打完投勝利

吉原第二試合(順位決定リーグ)・Red's - Samurai Denkees
5−5の引分(Red'sの抽選勝ち)
Red's・甲斐、上田
Samurai・富士
Red's2番住田が2安打2打点、5−0と序盤で大きくリードしたRed'sでしたが後半Samuraiの追い上げに合い引分。
Samuraiは中川が2安打と気を吐く。

吉原第三試合(準決勝リーグ)・ジェネシス - Breakers
Breakersの人数不足でジェネシスの勝利
練習試合は8−4でジェネシスの勝利
勝・小手田
敗・福永
この結果でジェネシスはタイヨーを抜き準決勝リーグ6位となった。
プレーオフの緒戦は順位決定リーグの2位チームと対戦する。
9/11のオーシャンズ-KFCフェニックスでオーシャンズが勝てばオーシャンズと対戦、KFCフェニックスが勝てばビッグシャークと対戦することになります。
またKFCフェニックスが勝てばオーシャンズは順位決定リーグ4位となり3位のRespect Osakaがプレーオフに進出、そのRespect Osakaの緒戦は準決勝リーグ5位の大阪アスレチックスになる。
Respect Osakaの2年連続5位の可能性はまだ消えていない。

リーグ戦もいよいよ大詰めを迎える。
23:02 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
コメント
コメントする











10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--