BLOG! arisu-AREA

<< 3/26の日程が発表されました | TOP | 3月5日は全試合中止となりました。 >>
第21回大会開幕!2月26日の試合結果
2月26日大阪マンデーベースボールリーグは八尾市の久宝寺緑地野球場にて第21回大会の開会式を行い、その後金岡、吉原(東大阪市)、山本球場(八尾市)などにも移動しリーグ戦計11試合を行いました。

試合結果は週刊ひがしおおさか様のサイト内でも掲載中です。
開会式の感想や、開幕戦の模様など素晴らしい記事に仕上がりすでに掲載中です、是非ご覧ください。

開幕戦に先立ち開会式が行われ、昨年3位までのカップ類の返還とレプリカの授与、そして特別表彰は
昨年100勝を達成したタイヨー元吉投手。
表彰状とクリスタルキューブに100勝達成の刻印が入った記念品が授与されました。

20180226元吉投手クリスタル

ご来賓の西野こういち府議もおっしゃっていましたが、これにとどまらず200勝目指してさらなる飛躍を期待したいですね。

久宝寺第一試合・TOYOTA HK BROTHERS - タイヨーフレンズ
開幕戦は昨年チャンピオンのTOYOTA HK BROTHERSと2年連続前年優勝チームと緒戦を戦うタイヨーフレンズの一戦。
2−0でTOYOTA HK BROTHERSの勝利
勝・東條
敗・元吉
試合経過などは週刊ひがしおおさか様にも写真つきで掲載されています。
相手ミスを足がかりにここ一番の勝負強さで2点をもぎとったTOYOTA HK BROTHERSが昨年王者の貫禄。
東條-上山のリレーで逃げ切った。
一方試合前に表彰を受けたタイヨー元吉投手もさすがのピッチングでTOYOTA-HKBの強力打線を抑えましたが
味方の援護がなく今季初勝利はおあずけとなりました。

久宝寺第二試合・オーシャンズ - Respect Osaka
6−2でオーシャンズの勝利
勝・白滝
敗・氏川
Respect Osakaは右のエース氏川。
オーシャンズが2回に打線がつながり3点を先取するとRespect Osakaもすかさず2点取り1点差に詰め寄る。
しかし地力にまさったオーシャンズが6回に3点を取りRespect Osakaを突き放した。
オーシャンズは長谷川以外全員安打の11安打。

久宝寺第三試合・レッドリボン - トヨタクラブ新大阪
9−0でトヨタクラブ新大阪の勝利
勝・岩永
敗・永田
初回にヒットとエラーで4点を先取したトヨタクラブ新大阪。
しかしながらその後はレッドリボンの永田、門上に抑えこまれスミ4のまま7回に。
7回表にようやく活発になったトヨタクラブ新大阪打線が爆発し5点追加。
結局9−0の大差となったがレッドリボンの踏ん張りも素晴らしかった。



金岡第一試合・Breakers - ジェネシス
5−0でジェネシスの勝利(6回Breakers負傷により人数不足による棄権試合)
勝・小手田
敗・福永
ジェネシスリードの6回裏、ジェネシスの打球がBreakers森田選手を直撃し退場。
人数不足となったBreakersの不戦敗。

6回表までジェネシス小手田はBreakers打線を無安打無得点に抑える好投を披露した。
6回参考記録

金岡第二試合・住之江JAPAN - Samurai Denkees
3−0で住之江JAPANの勝利
勝・石川良
敗・尾山
住之江JAPAN石川投手はわりと結構な年齢にもかかわらずSamurai打線を完封した。
われわれ初老の星である。
ヒットは両方5本ずつ。




吉原第一試合・大阪アスレチックス - ビッグシャーク
5−1でビッグシャークの勝利
勝・山本
敗・芦田
ビッグシャーク左腕山本投手が昨年6位のアスレチックス打線を牛耳った。
緩急つけたストレートに落差のある変化球で緒戦を飾った。

吉原第二試合・大阪アスレチックス - パルプンテいずみ
1−1の引分(パルプンテいずみの抽選勝ち)
大・高嶋、中尾
パ・松野力
3年前のチャンピオン相手とはいえ優勝を目指す大阪アスレチックスには痛い引分となった。
大阪アスレチックスは本日の2試合で勝ち点1のみ。

吉原第三試合・RED HAWKS - パルプンテいずみ
13−0でパルプンテいずみの勝利(5回コールド)
勝・松野優
敗・川端
5回参考ながら松野優投手はノーヒットノーラン達成
この試合パルプンテいずみの3・4・5番は全員3安打ずつという離れ業。




山本第一試合・ファルコン - ブレイズ
7−1でファルコンの勝利
勝・岩佐戸
敗・池上
ホームラン・岩佐戸(ファルコン)1号
オープン戦少しずつ調子を上げてきた新鋭ブレイズも一昨年の優勝チームには歯が立たなかった模様。
ファルコン岩佐戸投手はみずからもホームランを放つなど大活躍。

山本第二試合・東大阪MetalCats - Red's
2−1で東大阪MetalCatsの勝利
勝・廣森
敗・林
2回に先制したRed'sも3回にMetalCatsがすかさず逆転しそのまま。
東大阪MetalCatsの廣森投手とRed'sのサブマリン林投手の投げ合いは廣森投手に軍配。

山本第三試合・KFCフェニックス - パラダイス
3−2でパラダイスの勝利
勝・雪丸
敗・尾崎
2点を追うKFCフェニックスはパラダイスの好投手雪丸に食らいつき最終回に追いつく粘りを見せた。
しかしながら7回裏にパラダイス雪丸が自分のバットでサヨナラの一打を放ち接戦にケリをつけた。


いよいよ開幕です。

弱いながら昨晩から降り続いた雨でグラウンド状態が危ぶまれましたが日中おひさまが昇ると結構暖かくなり、いよいよの球春到来を感じさせる天候でした。

本日の選手宣誓の文言どおり今年一年怪我無く元気に楽しみましょう!
00:24 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
コメント
コメントする











10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--