BLOG! arisu-AREA

<< 3月19日の試合結果 | TOP | 4月2日の試合結果 >>
3月26日の試合結果
3月26日大阪マンデーベースボールリーグは山本(八尾市)吉原(東大阪市)、深北緑地(大東市)、門真で計15試合開催

試合結果は週刊ひがしおおさか様のサイト内でも掲載中です
一部記録表未着につき勝敗以外の詳細不明

山本第一試合・Red's - RED HAWKS
9−4でRed'sの勝利
勝・松岡
敗・川端
4回終わって3−2もその後着々と加点したRed'sが4回以外毎回得点で圧勝。
仕事の都合でこの日が最終戦となったRed's上田が4安打5打点の大活躍で自身の未来へ花を添えた。

山本第二試合・Red's - パルプンテいずみ
5−1でパルプンテいずみの勝利
勝・松野力
敗・林
Red'sのサブマリン林がオーバースローで勝負した、しかしながらパルプンテいずみの思い切りいい打線に捕まってしまった。
下手からの緩急つけたピッチングと威力あるストレート主体の上手投げを織り交ぜてのピッチングは相手打線の目先を変えるのにわりと有効か。

山本第三試合・ブレイズ - パルプンテいずみ
6−4でブレイズの勝利
勝・池上
敗・松野優
ホームラン・勝岡(パルプンテ)
先週のSamurai○-×ジェネシスに続き金星に近い試合結果か。
パルプンテ山本監督は準決勝リーグに向け連勝したかったところだったが・・

山本第四試合・ブレイズ - レッドリボン
8−2でブレイズの勝利
勝・池上
敗・門上
前の試合の勢いそのままにブレイズ池上が2失点完投。
連勝でじわじわと本領を発揮。

吉原第一試合・TOYOTA HK BROTHERS - オーシャンズ
9−1でTOYOTA HK BROTHERSの勝利
5回コールド
勝・松岡
敗・白滝
初回2点、2回2点のあと3回に5点のTOYOTA HK BROTHERSが好調オーシャンズを寄せ付けず。
TOYOTA HK BROTHERS鷲尾が2安打3打点。


吉原第二試合・TOYOTA HK BROTHERS - ジェネシス
3−1でジェネシスの勝利
勝・小手田
敗・上山
一進一退の攻防、両左腕の見ごたえある投手戦はわずかだが地力が優ったジェネシスに軍配。
ジェネシス先制、TOYOTA-HKBが追いつくもすぐさま勝ち越したジェネシスが6回にダメ押しして決着。
連覇狙うTOYOTA HK BROTHERSに暗雲少し。

吉原第三試合・タイヨーフレンズ - ジェネシス
7−0でジェネシスの勝利
6回コールド
勝・小手田
敗・江城
ジェネシス10安打の猛攻に加え、守備陣も乱れたタイヨーフレンズが自滅。
小手田は連投にも関わらずタイヨーに3塁を踏ませぬ好投、6回参考ながらノーヒットノーラン達成。




門真第一試合・トヨタクラブ新大阪 - ビッグシャーク
3−1でトヨタクラブ新大阪の勝利
勝・
敗・山本
記録表待ちで詳細不明
ビッグシャークは関口が2安打の活躍も及ばず。

門真第二試合・トヨタクラブ新大阪 - ファルコン
6−2でトヨタクラブ新大阪の勝利
勝・植田
敗・木佐貫(晋)
ホームラン・大迫(新大阪)
ファルコンは完封負け寸前の7回に2点返すのがやっとでした。
トヨタクラブ新大阪は連勝。

門真第三試合・大阪アスレチックス - ファルコン
15−2で大阪アスレチックスの勝利
3回時間切れ
勝・
敗・
詳細不明も一昨年チャンピオンのファルコンどうしたのでしょうか。

門真第四試合・大阪アスレチックス - 東大阪MetalCats
8−0で大阪アスレチックスの勝利
5回コールド
勝・吉田
敗・廣森
前の試合に続き大阪アスレチックスが圧勝。
MetalCatsが調子を落としてきたのか大阪アスレチックスが元々の地力を発揮してきたのか・・・
暫定的ではあるが大阪アスレチックスが首位に立った。



深北第一試合・Samurai Denkees - パラダイス
1−1の引分
抽選勝ち・Samurai Denkees
Samurai・尾山
パラダイス・雪丸
Samurai尾山が先週のジェネシス戦に続いての好投。
結果は引分抽選勝ちだが7回裏まで1−0でリードしていた。
土壇場に追いつかれたがその粘りは見事。
しかしながらパラダイスの雪丸は12奪三振といつもどおりの好投。


深北第二試合・Samurai Denkees - Breakers

Breakersの人数不足によりSamurai Denkeesの不戦勝
練習試合も行わず


深北第三試合・住之江JAPAN - Breakers

Breakersの人数不足により住之江JAPANの不戦勝
練習試合も行わず


深北第四試合・住之江JAPAN - Respect Osaka
7−3でRespect Osakaの勝利
勝・山尾
敗・古川益
初回に3点先制したRespect Osakaが山尾の好投で完勝した。
住之江JAPANは7回裏に3点返すが時すでに遅し、Respect Osaka10安打、住之江JAPAN5安打。
住之江JAPANの古川益投手は6奪三振の力投も報われず。


02:23 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
コメント
コメントする











04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--