BLOG! arisu-AREA

<< 5月21日の試合結果 | TOP | 6月4日の試合結果 >>
5月28日の試合結果
5月28日大阪マンデーベースボールリーグは金岡、吉原(東大阪市)、門真、久宝寺軟式(八尾市)で計14試合開催

試合結果は週刊ひがしおおさか様のサイト内でも掲載中です

金岡第一試合・トヨタクラブ新大阪 - パラダイス
1−0でトヨタクラブ新大阪の勝利
勝・大黒
敗・雪丸
息詰まる投手戦となったようで5回終わって0−0。
均衡が破れたのは6回。
トヨタクラブ新大阪の岩永が千金のタイムリーを放ち接戦を制した。
トヨタクラブ新大阪の大黒は2安打完封、パラダイスの雪丸もいつもどおりのピッチングでしたが味方の援護射撃が無かった。
この勝利でトヨタクラブ新大阪は2年連続の決勝へ大きく前進した。
対するパラダイスもこの1敗を食らっただけではまだまだ余裕のよっちゃんである。

金岡第二試合・トヨタクラブ新大阪 - パルプンテいずみ
0−0の引分(トヨタクラブ新大阪の抽選勝ち)
ト・岩永
パ・松野力
この試合を観戦していたがリーグ史上初の記録が生まれる寸前だった。
この試合も息詰まる投手戦となり6回終わって0−0。
ただ前の試合と違ったのは両チームとも無安打ということ。
パルプンテいずみに関してはトヨタクラブ新大阪の岩永にパーフェクトに抑えられていた。
このままでは両投手ともノーヒットノーランで引分になる。
ルール上は勝利投手にならないとノーヒットノーランの条件に嵌らないのではあるが、この後の行方から目が離せなくなった。
結局7回表1アウトからパルプンテ松野優が初安打を打ち岩永のパーフェクトを阻止、その裏も同じく1アウトから岩永がセンターオーバーの2ベースを打ち初安打を記録した。
両チーム得点できず引分となったが見事な投手戦でした。

金岡第三試合・ファルコン - パルプンテいずみ
7−3でファルコンの勝利
勝・木佐貫晋
敗・松野優
6回時間切れ
2回に2点ずつ、4回にも1点ずつ取った両チーム。
3−3の5回裏、ファルコンが3点を勝ち越し勝負を決めた。
ファルコンは10安打、一方パルプンテは1安打。

金岡第四試合・ファルコン - タイヨーフレンズ
7−2でタイヨーフレンズの勝利
勝・元吉
敗・田中裕
タイヨーフレンズは初回に江城のタイムリーで2点先制。
その後2回、4回にも追加点をあげ優位に試合を進めた。
5回裏にファルコンが5番松本のタイムリー2ベースで2点返し2点差に追い上げる。
その後必死の防戦を続けるタイヨーは7回に尾崎亮のタイムリーでようやく突き放し勝利した。
ファルコン先発田中裕投手、いつも抑えられ、苦手にしていたタイヨー打線だったが今回はなんとか打ち返した。

吉原第一試合・大阪アスレチックス - 東大阪MetalCats
3−0で大阪アスレチックスの勝利
勝・奥野
敗・廣森
大阪アスレチックスの奥野は10奪三振の完封劇。
大阪アスレチックス中尾は3安打。

吉原第二試合・大阪アスレチックス - オーシャンズ
11−5で大阪アスレチックスの勝利
勝・吉田英
敗・白滝
一挙7得点のビッグイニングなど大阪アスレチックスは打線が活発に機能し10安打でオーシャンズを退けた。オーシャンズの木村は3安打2打点、同じく松井は2安打2打点。


吉原第三試合・TOYOTA HK BROTHERS - オーシャンズ
7−0でTOYOTA HK BROTHERSの勝利
勝・上山
敗・鈴木
6回コールド
オーシャンズはTOYOTA HK BROTHERS先発上山の前に長谷川の2安打のみ。
TOYOTA HK BROTHERSは6安打7得点と効率の良い攻撃。

吉原第四試合・TOYOTA HK BROTHERS - ジェネシス
1−0でTOYOTA HK BROTHERSの勝利
勝・東條
敗・小手田
予選リーグで負けているTOYOTA HK BROTHERSがこの舞台で見事リベンジした。
TOYOTA HK BROTHERS新福が虎の子の1打点を叩き出した。
この連勝で無敗キープ、逆転の決勝進出へ向け上位2チームをを追う。


門真第一試合・レッドリボン - Respect Osaka
7−0でRespect Osakaの勝利
勝・氏川
敗・高木賢
6回コールド
2−0の6回にRespect Osakaが5点を上げコールド。
Respect Osakaは9安打。
レッドリボンは3安打。

門真第二試合・レッドリボン - Breakers
6−2でBreakersの勝利
勝・福永
敗・門上
Breakersは福本の3安打など先発全員の12安打で圧勝。
レッドリボン高木賢は2安打2打点の活躍。


門真第三試合・Samurai Denkees - Breakers
8−6でSamurai Denkeesの勝利
勝・尾山
敗・山元
ホームラン・山元1号(Breakers)
6回時間切れ
初回に3点先制したSamuraiに対しその裏一気に6得点で逆転したBreakers。
しかしBreakersは先発山元がピリッとせずあっさり再逆転を許し敗戦。
久しぶりの1日2勝とはいかなかった。

門真第四試合・Samurai Denkees - RED HAWKS
7−6でSamurai Denkeesの勝利
勝・尾山
敗・仮屋静
シーソーゲームを制したのSamurai、5−6から7回表に2点を取り逆転。
Samurai佐々は3安打2打点。


久宝寺軟式B第一試合・Red's - ブレイズ
6−4でRed'sの勝利
勝・林
敗・池上
両チームとも7安打、序盤で大きくリードしたRed'sが徐々に追い上げるブレイズを振り切り勝利した。

久宝寺軟式B第二試合・Red's - ビッグシャーク
3−2でビッグシャークの勝利
勝・浜田
敗・松岡
0−2の最終回に山道が同点タイムリー、高広がサヨナラタイムリーと続き難敵Red'sを降した。
Red's6安打に対しビッグシャークは2安打。



今年は開幕から各チームとも人数集めに奔走する日々が続き前半は棄権試合がかなり多かった。
しかしながら本日は14試合中棄権試合がゼロとなり久々に胸をなでおろした。
このまま残りを進めていけたら素晴らしいのですが。

6/18開幕のトーナメント大会の組み合わせが決まりました。
久しぶりにパラダイス参戦で面白くなりそうです。
そのパラダイスとわがタイヨーは緒戦であたることになった。



01:19 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
コメント
コメントする











10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--