BLOG! arisu-AREA

<< 7月9日の試合結果 | TOP | 7月30日の試合結果 >>
7月23日の試合結果
7月23日大阪マンデーベースボールリーグは金岡、吉原(東大阪市)、門真で計11試合開催

試合結果は週刊ひがしおおさか様のサイト内でも掲載中です

本日次のステージが決まる大一番を戦ったチームもあり、炎天下に熱戦が繰り広げられました。

金岡第一試合・パラダイス - パルプンテいずみ
パルプンテいずみの人数不足でパラダイスの不戦勝。
練習試合も行わず。

好カードだっただけにちょっと残念

これでパラダイスは3位決定戦以上へ進出することが決まった。


金岡第二試合・タイヨーフレンズ - 大阪アスレチックス
7−3でタイヨーフレンズの勝利
勝・元吉
敗・奥野
3位決定戦進出を賭け負けられないタイヨーでしたが初回からアスレチックスの猛攻にあい2点を先制される。
しかしその裏すぐ相手ミスでもらったチャンスに有末大の2点タイムリーなどで3点取り逆転。直後の2回にアスレチックスが追いつくもその裏タイヨーは青木、有末大、須藤のタイムリーで4点勝ち越し突き放した。
両チームとも4安打ずつ、ということはタイヨーのヒットはすべてタイムリーだったということ。

金岡第三試合・Breakers - RED HAWKS
RED HAWKSの人数不足でBreakersの勝利
練習試合を行った。
11−4でBreakersの5回コールド勝ち
勝・山元
敗・平野
ホームラン・山元(Breakers)
この試合人数が足りないRED HAWKSにタイヨーから私を含め数名助っ人に入った。
4回にマウンドに上ったBreakersリリーフ投手は女性。
110キロ以上出ていたのではないかと思う。稲村亜美よりは充分速い。
20180723Breakers
何人か余裕で三振喰らってた。


金岡第四試合・Samurai Denkees - 住之江JAPAN
10−9で住之江JAPANのサヨナラ勝ち

勝・石川良
敗・尾山
序盤少し観戦し乱打戦になりそうな予感を残しつつ家に帰った。
結局9−9から住之江JAPANがサヨナラ勝ちしこのスコアに。
これでも7回まで完了した、両チームともずいぶんテキパキと失点を重ねた模様。
ピッチャーどちらも完投したことも7回までいけた要因か。
Samurai10安打に対し勝った住之江は5安打。
守備はSamuraiのほうが荒れたようだ。

吉原第一試合・ジェネシス - 東大阪MetalCats
7−0でジェネシスの勝利(5回コールド)
勝・小手田
敗・久野
タイヨーとおなじく3位決定戦進出へ向け負けられないジェネシスはエース小手田の5回零封のピッチングでコールドの快勝。
ジェネシス1番安藝が3安打の活躍、試合は3−0とリードのジェネシスが5回に4点加え一気にコールド。
MetalCatsはベテラン古居の1安打のみ。
あ、そういえばMetalCatsの松本さんが球場間違えて朝金岡に来ていた。
”違うで〜”とタイヨーみんなにつっこまれてあわてて吉原に。
間に合ったんでしょうか?

吉原第二試合・Respect Osaka - ブレイズ
7−1でRespect Osakaの勝利
勝・山尾
敗・池上
Respect、ブレイズともに6安打ずつ、しかし点差はごらんのとおり。
やはり四死球とエラーが明暗を分ける、特に草野球は。
池上投手は(完投ではないが)この後の対ビッグ戦もマウンドに上る。
炎天下の下、水分補給をしっかりしてくださいと余計な心配もしてしまうくらいの暑さ。

吉原第三試合・ビッグシャーク - ブレイズ
10−2でビッグシャークの勝利(5回コールド)
勝・浜田
敗・池上
初回に六点先制したビッグシャークがブレイズを圧倒した。
この試合もビッグの3安打に対しブレイズは5安打。
両チームともこの試合で今季のリーグ戦予定は終わった。
ブレイズはオープン戦をこなし、ビッグは順位決定リーグ2位以上確定でプレーオフへ進出する。

注)7/23更新時にビッグシャークが順位決定L1位通過と記載していましたが(リーグサイトも)Respect Osakaが残りを連勝するとビッグシャークは2位となります。
よって訂正しました。


吉原第四試合・ビッグシャーク - KFCフェニックス

KFCフェニックスの人数不足でビッグシャークの不戦勝。
練習試合も行わず。




門真第一試合・Red's - レッドリボン
3−2でRed'sの勝利(5回時間切れ)
勝・林
敗・高木賢
この点差で5回時間切れということは塁上を賑わしながらの接戦だったことが容易にうかがえる。
3−0とRed'sリードの4回、代わった松岡投手がピリッとせず押し出しなどでレッドリボンに2点を返され1点差に詰め寄られる。
ここでRed'sベンチはもう一度林をマウンドに戻しなんとか逃げ切った。

門真第二試合・トヨタクラブ新大阪 - ファルコン
3−1でトヨタクラブ新大阪の勝利
勝・池部
敗・岩佐戸
ホームラン・岩佐戸(ファルコン)大迫、新井(以上新大阪)
全得点がホームランという大味な試合。
勝てば3位決定戦はもとより決勝進出まで手中にできそうなファルコン。
一方これを落とすと決勝進出が危うくなりかねないトヨタクラブ新大阪。
結果は予選リーグチャンピオンのトヨタクラブ新大阪がファルコンの思惑を砕いた。
試合はいつも大一番で登板する?イメージのある左腕池部が好投しチームの窮地を救った。
4回にファルコン岩佐戸が先制ソロ、その裏すぐに大迫の2ランで逆転、さらに6回裏、新井のソロでダメを押したトヨタクラブ新大阪が僅差の試合をものにした。

少し遅くなったが言っておこうかなと。
「大迫半端ないって〜」

門真第三試合・オーシャンズ - ファルコン
4−1でファルコンの勝利(6回時間切れ)
勝・田中裕
敗・上妻
対トヨタクラブ新大阪戦を落とし、いよいよ負けると3位決定戦も無くなってしまいそうなファルコンは、オーシャンズ相手に初回に3点を先制し西坂、田中裕のリレーで逃げ切った。
決して大差ではなく少しひやひやもんの試合だったかも。
ファルコン7安打、オーシャンズ6安打とヒット数では互角でした。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

先週7/16の海の日、大阪はこの夏一番という暑さ。35度くらいの発表だったがアスファルトの近くや体感温度は40度を超えていたのではないかと思うくらい。
あんまり暑いので大阪府下で絶賛開催中の高校野球をちゃりんこに乗って観に行った。

久宝寺は入場料を払って中に入らなくとも1,3塁のネット脇からタダで観れるのでそこで凍ったアクエリちゅうちゅうしながら観戦した。
普通に外出すると暑くてたまらないが、球場で野球を観てるとそんなに暑くは感じないのが不思議だ。
でもこの炎天下の昼間にコンビニのトンカツ弁当とか食べてるおっさん観てるとさすがに胸の奥からこみ上げてくるものがある。
祝日ということで自分のほかにも大勢の人がネット脇からタダ観戦していた、自分の横で観ていたご夫婦は選手の一人に思い入れがあるようで”○○ちゃん出てきた””○○ちゃん打ってぇ〜”みたいに応援していた。身内かそうでなくとも結構近しい人だということはわかった。
なら、”入場料払ってちゃんと応援席から応援すれば?”と言ってやろうかと思ったが実はやんごとなき事情があってスタンドには入れないのかもしれないと思い、言うのをとどまった。
もしかしたら産まれてすぐやんごとなき事情で手放したわが子が今こうして大きくなってグラウンドに立っているのをこっそり観に来たのかもしれないし、病院で赤ちゃん取り違えてこっちが本当のわが子と知っていながらやんごとなき事情で本当のことを言えずにいるのかもしれないし、戦後のやんごとなき食糧事情でやんごとなくお金持ちに里子に出したわが子をいまさらながらお父さんお母さんを許してねとつぶやきながらの観戦かもしれないし、とか色々思うとこのやんごとなきご夫婦はそっとしてさしあげないといけないと思ったのでそっとしてさしあげた。結局このやんごとなきご夫婦の応援するチームは負けてしまったが、わが子の成長した姿を無事に見届けて涙ながらに感慨深く帰路に着かれたかと思うとこれも違う意味で胸の奥からこみ上げてくるものがあった。

わが母校はもうすでに負けて楽しみも無いが、みなさんの母校は残ってますでしょうか?すでに出場を決めたOBの方もおられるのではと思います。
世間はいよいよ夏本番という感じですがこの時期、わたくし個人的にはもう秋の気配である。
沖縄や北海道で代表校が決まる前までが”夏”
そして今はもう”晩夏”の感。

ちょと早いが・・・。
22:43 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
コメント
コメントする











08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--