BLOG! arisu-AREA

<< 経験者だと胸を張る | TOP | 11/19の試合結果 >>
11/12の試合結果
11月12日大阪マンデーベースボールリーグは神戸市北区のあじさいスタジアム北神戸で近畿統一リーグ戦が開催されました。

初めて伺いましたが外野が人工芝の素晴らしいグラウンドでした。
山奥というのと小雨も降り少し寒かったです。
20181112近畿1
20181112近畿2
試合結果は週刊ひがしおおさか様のサイト内でも掲載中です

さらなる詳細は大阪マンデーベースボールリーグのサイトにてご確認ください。

あじさい第一試合・大阪代表・トヨタクラブ新大阪 - 兵庫代表・東灘ジャガーズ
4−2でトヨタクラブ新大阪の勝利
勝・岩永
敗・竹林
ホームラン・池部(新大阪)
1,3,5,7回に1点ずつ入れたトヨタクラブ新大阪が岩永投手の力投で勝利した。
初回は池部の四球と盗塁から4番新井のタイムリーで先制。
3回にはピッチャー岩永のタイムリーで追加点。
5回は池部のセンターオーバーのランニングホームランで3点目。
7回は永井のタイムリー内野安打でダメ押しの4点目。
東灘ジャガーズも粘り8回に1点返し、9回にも内野ゴロの間に得点したが反撃もここまで。
相手守備陣の乱れが目立ち、点差より実力差があったような気がした。
MVPは岩永、優秀選手賞は永井が獲得した。


あじさい第二試合・兵庫選抜 - 大阪選抜
4−2で大阪選抜の勝利
勝・氏川(Respect)
敗・武本
初回に先頭長谷川(オーシャンズ)がレフトオーバーを放つと続く松本(パラダイス)もレフトへのタイムリーツーベースでいきなり1点先制。
その後も攻めたがあと1本が出ず迎えた3回裏、兵庫選抜は2,3塁から5番奥内がセンター前にタイムリーを打ち逆転した。
3回途中からマウンドに上った兵庫選抜の三浦の前に打線が沈黙していた大阪選抜でしたが7回に氏川(Respect)が四球を選ぶとピッチャーながらすかさず2盗&3盗を決め、2番村田(KFC)のライト前同点タイムリーを呼び込んだ。
延長タイブレークも見えてきた九回表、大阪選抜の攻撃はツーアウトランナーなしから1番山下(パルプンテ)内野安打、2番村田がこの日2本目のヒットをセンター前に運び1,3塁から3番有末大(タイヨー)が左中間を深々と破る2点タイムリーツーベースで勝ち越した。
その裏を氏川が押さえ見事勝利した。
MVPは有末大、優秀選手賞は氏川と村田が獲得した。

大阪が2試合とも勝利は2014年以来となる。

23:40 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
コメント
コメントする











12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--