BLOG! arisu-AREA

<< 4/15の試合結果 | TOP | 5/13の試合結果 >>
4/22の試合結果
4月22日大阪マンデーベースボールリーグは金岡、吉原(東大阪市)、門真で計11試合開催

試合結果は週刊ひがしおおさか様のサイト内でも掲載中です

ようやく雨の心配の無い夜を過ごした。
ここから2週お休みとなり5/13から前半の残りと後半戦のスタートとなる。

金岡第一試合・東大阪MetalCats - レッドリボン
MetalCatsの人数不足でレッドリボンの不戦勝。
練習試合の結果は
8−0でMetalCatsの勝利(5回コールド)
勝・廣森
敗・高木賢
MetalCats廣森は今季2度目の5回参考、無安打無得点。


金岡第二試合・ファルコン - レッドリボン
6−4でレッドリボンの勝利(6回時間切れ)
勝・門上
敗・池本
ホームラン・永田(レッドリボン)2号
1−3と劣勢のレッドリボンは5回に4番永田の逆転スリーランが飛び出し勝利した。
投げては右腕の本格派門上がファルコン打線を4失点に抑えた。
勝ったレッドリボンは4安打、負けたファルコンは7安打
敗戦投手の池本は8奪三振の力投も及ばず。
つくづく永田のバットで試合を決めた感。


金岡第三試合・ファルコン - 大阪アスレチックス
4−1でファルコンの勝利
勝・細井
敗・奥野
初回に先制した大阪アスレチックスでしたがファルコン木佐貫の3安打の活躍などで逆転勝利した。
大阪アスレチックス4安打、ファルコン7安打
大阪アスレチックスは先発高嶋、元吉、奥野とつなぐ継投も実らず。


金岡第四試合・ファルコン - オリオンズ
20−2でファルコンの勝利(5回コールド)
勝・川本
敗・大内
オリオンズの大内-三牧の継投をものともせず18安打を浴びせたファルコンが大勝した。
初回、2回に6点ずつ、4回に8点取り計20点。
よく先発全員安打というのはあるが出場選手全員安打というのは出場選手が多ければ多いほど難しい。
合計13選手出場のファルコンでしたが、唯一先発で4打席回った勝部以外全員安打という惜しいのかどうだかわからない微妙な感じの記録を打ち立てた。
勝部選手の名誉のために言うがノーヒットながら打数は1なので3打席は四死球だったようです。

2014.2015.2016と3年連続で1日3勝をあげているファルコンですが本日は思惑通りいかず、つくづくトリプルヘッダーの3連勝は難しいと実感させられた金岡の1日でした。


吉原第一試合・トヨタクラブ新大阪 - オーシャンズ
2−1でオーシャンズの勝利
勝・
敗・
この結果オーシャンズは準決勝リーグ進出を決めた。
試合結果以外の詳細が届いていないので試合内容は不明。

吉原第二試合・トヨタクラブ新大阪 - Respect Osaka
3−1でトヨタクラブ新大阪の勝利(6回時間切れ)
勝・中村
敗・山尾
1−1の同点から5回に勝ち越したトヨタクラブ新大阪がそのまま逃げ切った。
トヨタクラブ新大阪7安打、Respect5安打。
Respect山尾は8奪三振。同じく神田は3安打。



門真第一試合・Red's - パラダイス
9−0でパラダイスの勝利(5回コールド)
勝・雪丸
敗・林
パラダイスは初回2点、3回4点、5回3点と効果的に得点した。
パラダイスの7安打に対しRed'sは曽谷の1安打のみ。


門真第二試合・Red's - タイヨーフレンズ
2−1でタイヨーフレンズの勝利(7回サヨナラ)
勝・竹内
敗・林
初回甲斐のタイムリーで1点先制したRed'sがそのまま押し切るかと思えた6回にタイヨーは2塁走者上野が3盗を試み、キャッチャーからの送球がそれる間に同点に、7回裏はワンアウト2,3塁から代打須藤が右中間へサヨナラタイムリーを放ち逆転勝利した。

吉原で1勝1敗だったトヨタクラブ新大阪とこのタイヨーフレンズが準決勝リーグか順位決定リーグかの境界線をさまよっている。
5/13にトヨタクラブ新大阪がダブルヘッダーを連勝すれば予選リーグ優勝、1勝1敗だと予選リーグ3位、連敗するとタイヨーフレンズが予選リーグ3位となりトヨタクラブ新大阪は4位となる。

門真第三試合・TOYOTA HK BROTHERS - Faith
TOYOTA HK BROTHERSが6−0で勝利
勝・東條
敗・難波
TOYOTA HK BROTHERSは初回に2点先制すると5,6,7回に追加点をあげ完勝。
これで無傷の7連勝となり予選リーグ通過を決めた。
5/13の対ファルコン戦に勝つか引分で優勝、負ければファルコンが優勝となる。
TOYOTA HK BROTHERS高畑は2安打2打点の活躍。



門真第四試合・住之江JAPAN - Faith
11−5でFaithの勝利(6回時間切れ)
勝・辻西
敗・石川
先制したのはFaith、その裏すかさず住之江JAPANが逆転するも直後にFaithが再逆転&4回にダメ押しし勝利した。
Faith難波は3安打5打点。
住之江JAPAN山本3安打、松本3安打2打点、西岡2安打2打点。
両チームとも10安打ずつの打撃戦でした。


門真第五試合・住之江JAPAN - ビッグシャーク
7−1で住之江JAPANの勝利
勝・前田
敗・福田
初回3点先制した住之江JAPANがその後も加点し勝利。
ビッグシャークは3回に1点返すも結局ノーヒットだった模様。
住之江JAPANは今季これが初勝利、この結果ビッグシャークと最下位が入れ替わった。
両チームとも後半戦の巻き返しを誓う。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

これで平成の開催は終わりました。次回は令和元年5/13スタートとなります。

上記にも記載していますがトヨタクラブ新大阪とタイヨーフレンズ以外は後半戦の身の振り方?が決まりました。
可能な限り5/13から後半戦スタートとなる予定です。
20:31 | やきゅう | comments(2) | - | pookmark
コメント
通りすがり様

運営部の頭脳の賜物です。
これから暑くなりますね、老いも若きも色々気をつけて頑張りましょう!
2019/04/25 9:37 PM by ari
更新も早いですし 対戦パターン何個か提示しているのには恐れいりました
2019/04/25 12:11 PM by 通りすがり
コメントする











07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--