BLOG! arisu-AREA

<< 2019年度個人タイトルが発表されました | TOP | 10/21の試合結果 >>
10/7の試合結果
10月7日大阪マンデーベースボールリーグは金岡、吉原(東大阪市)でプレーオフ計6試合開催

4チームのトーナメントを2組開催し勝者2チームが10/28の5位決定戦の出場権を得る。

試合結果は週刊ひがしおおさか様のサイト内でも掲載中です

金岡第一試合・大阪アスレチックス - Respect Osaka
2−2引き分け(抽選勝ち・大阪アスレチックス)
大阪アスレチックス・元吉、奥野
Respect Osaka・氏川
2回と5回に1点ずつとったRespect Osaka、守ってはエース氏川が危なげないピッチングでアスレチックス打線を抑え込む。
そのまま氏川完封で終わるかと思われた最終回、2エラーなどで1点返しなお1.2塁から奥野が同点のタイムリーを打ち土壇場でアスレチックスが追いついた。
勢いそのまま抽選(じゃんけん)にも勝ってアスレチックスが決定戦にコマを進めた。
つくづくは1−0からの3回にノーアウト2.3塁のチャンスを迎えたRespect Osakaがアスレチックス先発元吉の気合のピッチングの前に無得点に終わったことが最後に響いた。
あの回一気に畳み掛けていれば・・・。


金岡第二試合・タイヨーフレンズ - オリオンズ
8−0でタイヨーフレンズの勝利(5回コールド)
勝・谷
敗・大内
0−0の3回裏にタイヨーはツーアウト満塁から上野が左中間へ走者一掃のタイムリーツーベースを打ち主導権を握った。
4回裏にも4点追加しコールドで圧勝。
オリオンズエース大内も序盤すばらしいピッチングでしたが中盤以降崩れた。



金岡第三試合・大阪アスレチックス - タイヨーフレンズ
4−3でタイヨーフレンズの勝利
勝・竹内
敗・高島忠
タイヨーフレンズは青木のタイムリーで先制するもそのあとが続かず、最少得点差で膠着状態。
5回裏にタイヨーフレンズは清水のタイムリーなどでようやく3点追加し4−0とリードを広げた。
おそらく最終回であろうと推測の6回表大阪アスレチックスはエラーでノーアウトのランナーを出すとその後怒涛の攻撃で3点返し3−4と詰め寄った。
最後は三振で力尽きたが見事な粘りでした。


吉原第一試合・オーシャンズ - 住之江JAPAN
7−5でオーシャンズの勝利
勝・鈴木
敗・石川良
ホームラン・松本(住之江)
オーシャンズ先発鈴木は4失点も粘りのピッチングで住之江打線を抑え、リリーフ白滝につないだ。
白滝も1失点で住之江の攻撃を凌ぎオーシャンズが決定戦にコマを進めた。


吉原第二試合・Faith - 東大阪MetalCats
1−0でFaithの勝利
勝・
敗・廣森
このカードはシーズン中から接戦になっている好カード。
しかしながら試合結果はつねにFaithに分がある。
今回もMetalCatsの打線を抑えたFaith投手陣が粘り逃げ切った。
MetalCats廣森も味方の援護を待ったのだが・・・。


吉原第三試合・オーシャンズ - Faith
7−1でFaithの勝利
勝・
敗・白滝
オーシャンズ先発白滝が第1試合からの連投ということもあり乱調
好調Faith打線が見事捕らえて完勝した。
オーシャンズも今季は準決勝リーグ進出と充実のシーズン、投手陣の整備次第で来季も上位を狙える。

なおFaithからの結果報告がなく一部詳細は不明です。
ご了承ください。

本日の勝者2チームは10/28八尾市山本球場で第1試合に5位決定戦を行います。

10/21オープン戦の試合予定も発表されましたのでサイトにてご確認ください。

本日敗れた6チームから決勝当日の裏方を最低1名選出してください、責任者にまたメールいたします。

SBOボタン、スコアを各試合お願いいたします。
メールに先立ちやれる試合をお知らせいただいてもかまいませんのでよろしくです。

昼食ご用意いたします。
21:33 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
コメント
コメントする











12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--