BLOG! arisu-AREA

5月14日の試合結果
5月14日大阪マンデーベースボールリーグは金岡、吉原(東大阪市)、門真で計13試合開催

試合結果は週刊ひがしおおさか様のサイト内でも掲載中です

前日夜中まで降り続いた雨のためグラウンドコンディションは最悪でしたが、使用許可を下さった各公園、球場事務所の皆様と朝からグラウンド整備をしていただいた選手審判員の皆様に感謝申し上げます。
またこんな日があるかと思いますが何卒よろしくお願いいたします。

次週の週間天気はまた雨になりそうな予報ですが、先週の雨予報も外れたのでまたどうせ外れるだろうと高をくくってます。

金岡第一試合・トヨタクラブ新大阪 - オーシャンズ
5−3でトヨタクラブ新大阪の勝利(5回時間切れ)
勝・大黒
敗・安田
勝負がかったオーシャンズは本格派右腕安田が先発、ストレート、スライダーともキレに衰えは無く初回から飛ばす。
打線も今季仕事の都合で来れていなかった盗塁王植村脩が名を連ね磐石の態勢。
しかしながら初回ぬかるんだグラウンドを味方につけたトヨタクラブ新大阪が2点先制し一旦追いついたオーシャンズを中盤突き放し逃げ切った。
植村脩は盗塁できず、結局大黒-永井のバッテリーが足を封じ込めたことが勝因の一つになったかもしれない。

金岡第二試合・トヨタクラブ新大阪 - タイヨーフレンズ
6−5でトヨタクラブ新大阪の勝利(5回時間切れ)
勝・植田
敗・元吉
ホームラン・青木1号(タイヨー)
1回裏に1番青木が先頭打者ホームランをレフトに叩き込むと、勢いづいたタイヨー打線は4番江城のタイムリーなどでいきなり4点先制。
2回にも江城のタイムリーで1点追加しタイヨーが試合の主導権を握る。
しかし3回表に押し出しで1点を返したトヨタクラブ新大阪は4回に長短打を連ね一気に5得点のビッグイニングで逆転勝利。
結局3回以降得点できなかったタイヨーが予選リーグ1位チームの実力を見せ付けられた試合となった。

トヨタクラブ新大阪は予選リーグのアドバンテージを含む勝ち点12で堂々単独首位。

金岡第三試合・TOYOTA HK BROTHERS - タイヨーフレンズ
3−0でTOYOTA HK BROTHERSの勝利(6回時間切れ)
勝・松岡
敗・江城
前の試合で大逆転負けのタイヨーは気持ちを切り替えて臨んだ準決勝リーグ2戦目。
序盤から両先発の力投で4回まで0−0の投手戦。
しかし5回にエラーが絡みTOYOTA HK BROTHERSが3点を先制するとそのまま逃げ切った。
TOYOTA HK BROTHERSは松岡、西川のリレーでタイヨーを3安打零封。
一方タイヨーの江城はTOYOTA HK BROTHERS打線を1安打に抑えるも味方の援護なく敗戦となった。

タイヨーは後半戦連敗スタート。

金岡第四試合・TOYOTA HK BROTHERS - パルプンテいずみ
8−1でTOYOTA HK BROTHERSの勝利
勝・東條
敗・松野力
序盤から積極的に攻めるTOYOTA HK BROTHERSが3点をリードして迎えた7回表に北浦、松岡らのタイムリーなどで5得点を奪い8−0と大きくリード。
7回裏にパルプンテいずみが意地をみせ1点を返すが反撃もそこまで。
完封さえ逃したがエース東條の見事なピッチングが光った。

吉原第一試合・大阪アスレチックス - パラダイス
2−0でパラダイスの勝利
勝・雪丸
敗・高嶋
パラダイスの左腕雪丸が大阪アスレチックス打線を3安打に封じ完封した。
奪三振は3個と雪丸投手にしては物足りないが、それよりチームの勝利が最優先。
予選リーグ優勝のパラダイスは後半戦まず1勝と幸先良いスタート。

吉原第二試合・大阪アスレチックス - ジェネシス
7−4でジェネシスの勝利(5回時間切れ)
勝・小手田
敗・奥野
連敗はしたくない大阪アスレチックスでしたが若いジェネシスの機動力?に屈したか、準決勝リーグ厳しい船出となった。


吉原第三試合・ファルコン - ジェネシス
2−1でファルコンの勝利(6回時間切れ)
勝・細井
敗・小手田
一昨年の優勝チームながら今季の予選リーグは5位のファルコン、しかしながらやはりここ一番の勝負強さは健在で1点差ながらジェネシスを一蹴した。

吉原第四試合・ファルコン - 東大阪MetalCats
5−3でファルコンの勝利(6回時間切れ)
勝・池本
敗・廣森
東大阪MetalCatsのエース廣森も粘りのピッチングを見せたが一歩及ばなかった。
勝利したファルコンは昨年予選リーグ優勝したにもかかわらず準決勝リーグが振るわず決勝進出を逃した経験を生かし、今度は下克上よろしく逆転優勝を狙う

門真第一試合・Red's - Respect Osaka
Respect Osakaの人数不足でRed'sの不戦勝
練習試合の結果
9−2でRespect Osakaの勝利(5回コールド)
勝・氏川
敗・松岡
高速の渋滞で一名揃わずRespect Osakaの不戦敗となった。
渋滞や事故は平日の朝とかよくありますね。
そのあたりも危機管理して試合に臨めればと思います。

門真第二試合・Red's - Samurai Denkees
13−6でSamurai Denkeesの勝利(5回コールド)
勝・尾山
敗・林
初回に6点先制したRed'sの楽勝かと思われたがこの試合のSamuraiは一味違った。
2回ですでに追いつくと、その後も加点し最後は一気にコールドゲームとした。

門真第三試合・ブレイズ - Samurai Denkees
8−4でブレイズの勝利(6回時間切れ)
勝・池上
敗・藤井
前の試合振りが派手だったSamuraiですがこの試合はブレイズのエース池上を崩せず敗戦。
後半ブレイズの旋風がありそうです。


門真第四試合・レッドリボン - KFCフェニックス
KFCフェニックスの人数不足でレッドリボンの不戦勝、練習試合も行わず。


門真第五試合・レッドリボン - ビッグシャーク
7−0でビッグシャークの勝利(5回コールド)
勝・森
敗・高木賢
ビッグシャークの先発森が5回参考ながら無安打無得点の快挙。
プレーオフ進出へどのチームも負けられない戦いが続く。
03:05 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
5月7日は全試合中止になりました
5月7日大阪マンデーベースボールリーグは金岡(東大阪市)で4試合開催予定でしたが雨のためすべて中止となりました。

後半戦開幕は次週に仕切りなおしです。

試合結果は週刊ひがしおおさか様のサイト内でも掲載中です


07:14 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
個人成績の中間発表が出ています
今季の大阪マンデーベースボールリーグ打撃、投手成績の中間発表がありました。

この集計に関しまして記録部の皆様には心より感謝申し上げます、今後ともよろしくお願いいたします。

また5月の試合予定も出ておりますのでこちらもサイトにてご確認ください。

ゴールデンウィーク明けから後半戦です、いきなりの雨予報ですが外れるといいですね。

6/18からのトーナメント大会参加受付もまもなく締め切りです、エントリーされる場合はお早めにお知らせください。
14:41 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
5月前半の日程が発表されました
大阪マンデーベースボールリーグ5/7-5/14までの試合予定が発表されました。

後半戦の開幕はオーシャンズ-東大阪MetalCats。
5/7はその他順位決定リーグ戦など計4試合が行われます。

5/21以降の試合予定はグラウンドの確保状況などが確定してからの発表となりますのでもうしばらくお待ちください。
5月はじめになると思います。

こないだ開幕したと思ったらもうあっという間に5月です。


昨日、衣笠が亡くなったというニュースが流れびっくりした。
ONより年下という早すぎる訃報を今朝からワイドショーも新聞も一斉に報道していた。
いろんなエピソードが紹介されているが、彼はデッドボールに一度も怒ったことはないそうで、
もちろん相手を威嚇したりもしないし、時には怒って飛び出しそうな広島ベンチを制しながら1塁へ歩いたこともあるそうだ。
時々草野球でもデッドボール当てられるとガラ悪く怒っているおっさんとかいたりするが、そんなおっさんには衣笠のつめの垢を煎じて飲ませたい。
というかデッドボールで痛い痛いと怒るなら甲冑でも着て野球やればよい。

これから暑くなりイライラも多くなりますが、そんな中でも楽しい野球ができるよう余裕を持って頑張りましょう。
あと熱中症の季節ですのでそちらも気をつけて。
20:40 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
4月23日の試合結果
4月23日大阪マンデーベースボールリーグは金岡、吉原(東大阪市)、門真で計11試合開催

試合結果は週刊ひがしおおさか様のサイト内でも掲載中です

金岡第一試合・Red's - ビッグシャーク
6−3でRed'sの勝利
勝・松岡
敗・森
ビッグ先発森が乱調、初回に6失点で勝負あり。
終盤に3点返すも時すでに遅しでビッグシャークは予選リーグ敗退。
順位決定リーグへ。
一方Red'sは自力で準決勝リーグ進出へあと1勝となった

金岡第二試合・Red's - トヨタクラブ新大阪
8−4でトヨタクラブ新大阪の勝利
勝・植田
敗・甲斐
この試合に勝てば他の動向に関わらず準決勝進出が決まるRed'sは初回に4点先制し好スタート。
しかし4−1と3点リードの4回にまさかの7失点で逆転負け。
あと一歩で久しぶりの準決勝リーグ進出を逃がした。

対するトヨタクラブ新大阪はこの勝利で予選リーグBグループの優勝を決めた。
トヨタクラブ新大阪の予選リーグ優勝は2011年以来7年ぶり2回目。

金岡第三試合・大阪アスレチックス - トヨタクラブ新大阪
3−2でトヨタクラブ新大阪の勝利
勝・岩永
敗・島田
勝って少しでも順位を上げたかったアスレチックスでしたが2−0と2点リードの6回に3点を失い逆転負け。
すでに優勝を決めていたトヨタクラブ新大阪の余裕が成しえた土壇場の粘りだったか。



吉原第一試合・TOYOTA HK BROTHERS - KFCフェニックス
KFCフェニックスの人数不足でTOYOTA HK BROTHERSの不戦勝
練習試合の結果
7−0でTOYOTA HK BROTHERSの勝利(6回コールド)
勝・東條
敗・村田


吉原第二試合・TOYOTA HK BROTHERS - Breakers
Breakersの人数不足でTOYOTA HK BROTHERSの不戦勝、練習試合も行わず。


吉原第三試合・Respect Osaka - Breakers
Breakersの人数不足でRespect Osakaの不戦勝、練習試合も行わず。



吉原第四試合・Respect Osaka - Samurai Denkees
4−0でRespect Osakaの勝利
勝・氏川
敗・尾山
Respect・氏川、Samurai・尾山の両右腕の息詰まる投手戦となったこの試合、0−0の6回に均衡を破ったのはRespect神田でした、鋭い当たりの先制2点タイムリーを放つと、次打者椋本も続きこの回4得点で投手戦に断をくだした。
最終戦を連勝で飾ったRespect Osakaでしたが惜しくも準決勝進出はならなかった。


門真第一試合・パラダイス - 住之江JAPAN
14−0でパラダイスの勝利(6回コールド)
勝・雪丸
敗・石川良
HR・桐畑(パラダイス)
大量点にも守られパラダイス雪丸が8奪三振の力投で予選リーグ初優勝を飾った。
6回には桐畑(パラダイス)がダメ押しの3ランを打つなどコールドで住之江JAPANに完勝した。
パラダイスは計12安打、住之江JAPANは大瀬の1安打のみ。

門真第二試合・オーシャンズ - 住之江JAPAN
7−0でオーシャンズの勝利(6回コールド)
勝・白滝
敗・松本
初回に4点先制したオーシャンズが6回に7点目となる得点をあげコールド勝ちした。
この結果でオーシャンズは準決勝進出となった。

門真第三試合・レッドリボン - ファルコン
16−1でファルコンの勝利(4回時間切れ)
勝・木佐貫晋
敗・高木賢
ファルコンの打線が文字通り火を噴き3,4,5,4と毎回得点でレッドリボンを圧倒した。
16得点のファルコンですが安打数は9安打と得点を下回った。レッドリボンは先発木佐貫晋の前に1安打に封じ込められた。

門真第四試合・RED HAWKS - ファルコン
RED HAWKSの人数不足でファルコンの不戦勝
練習試合の結果
11−0でファルコンの勝利
勝・長重
敗・仮屋静
HR・平山(ファルコン)

準決勝リーグ進出へ5分5分の状況だったファルコンですがビッグ、Red'sともに負けBグループ5位で準決勝リーグ進出を決めた。
昨年は予選リーグを優勝したにも関わらず準決勝リーグで敗退し結果4位となった悔しい思い出がある。
予選リーグ5位とは言え昨年の雪辱をぜひとも果たし2年ぶりの優勝を飾りたいところだろう。


後半戦の日程は2,3日中に発表される予定です。よろしくお願いいたします。




本日門真で忘れ物がありました。
ミズノの黒い巾着袋と白いミズノの手袋
20180423門真忘れ物手袋
心当たりあれば何らかの手段でお知らせください。
持ち主が現れない場合はいつも寒そうにしている近所の野良猫の前足にはめてあげます。



01:04 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--