BLOG! arisu-AREA

9月3日の試合結果
9月3日大阪マンデーベースボールリーグは吉原(東大阪市)、門真でリーグ非加盟のチームも迎えてのオープン戦計7試合開催

試合結果は週刊ひがしおおさか様のサイト内でも掲載中です




吉原第一試合・オリオンズ - オーシャンズ
5−0でオーシャンズの勝利
勝・
敗・三牧


吉原第二試合・オリオンズ - ジェネシス
6−0でジェネシスの勝利
勝・安藝
敗・大内


吉原第三試合・チームHY - ジェネシス
6−0でジェネシスの勝利
勝・小手田
敗・


吉原第四試合・チームHY - ビッグシャーク
8−5でチームHYの勝利
勝・渡辺
敗・森
6回時間切れ


吉原の4試合はジェネシスが2試合無失点で連勝。ビッグシャークはチームHYにトーナメント準決勝の雪辱を果たされた。
連戦でオープン戦をこなしているオリオンズもこの日はいいところなく連続完封負け。


門真第一試合・ブレイズ - Samurai Denkees
4−3でブレイズの勝利
勝・池上
敗・尾山
初回、山本拓の犠飛で先制したSamurai、しかしすぐブレイズは岩田のタイムリーと土井翔の犠飛で逆転。
2回にも岩田の2点タイムリーでブレイズがSamuraiを突き放した。
Samuraiはその後中川のタイムリーなどで1点差まで追い上げるもブレイズ池上の力投の前にあと一歩およばなかった。

門真第二試合・東大阪MetalCats - Samurai Denkees
9−6で東大阪MetalCatsの勝利
勝・藤原
敗・藤井
両チームとも毎回のようにチャンスとピンチの楽しそうな試合。
色々なんやかんやでこの得点に。
次のタイヨーの試合の準備などであまりちゃんと観戦できなかったのが残念でした。

門真第三試合・東大阪MetalCats - タイヨーフレンズ
7−4でタイヨーフレンズの勝利
勝・元吉
敗・松本
タイヨー先発竹内の立ち上がりを攻め東大阪MetalCatsが初回に幸先よく3点先制。
その裏タイヨーが1点を返すもMetalCatsは直後の2回に1点追加
タイヨーは3回からリリーフした元吉がMetalCats打線を無失点に抑え、
中盤に逆転したタイヨーが勝利した。



次週9/10は夜に神戸にて藤原会長交えて神戸スパイリーリーグと近畿統一リーグ戦の打ち合わせのためサイトの更新が遅れますのであしからず御了承ください。

9/10のオープン戦が終わると2週続けて祝日でお休み
休み明けの10/1に5位決定戦の出場チームを決めるプレーオフが行われます。
競馬でも休養明けの本命馬は思わぬ惨敗をしたりする、さてプレーオフの結果はどうなりますか。









01:04 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
8月27日の試合結果
8月27日大阪マンデーベースボールリーグは吉原(東大阪市)、門真で計7試合開催

試合結果は週刊ひがしおおさか様のサイト内でも掲載中です



吉原第一試合・TOYOTA HK BROTHERS - 大阪アスレチックス
8−1でTOYOTA HK BROTHERSの勝利(6回コールド)
勝・上山
敗・奥野
今季のリーグ戦最終戦。
決勝進出を賭けた戦いはTOYOTA HK BROTHERSが終盤の集中打で大阪アスレチックスにコールド勝ちした。
この結果でTOYOTA HK BROTHERSが昨年に続き決勝へ進出。
パラダイスは3位決定戦に出場となり、初の決勝進出を逃がした。
今年も昨年同様、予選リーグ優勝チームがアドバンテージを生かし順当に決勝進出とはならなかった。

TOYOTA HK BROTHERSは3年連続9度目の決勝進出となった。



吉原第二試合・オリオンズ - Samurai Denkees
17−6でオリオンズの勝利
勝・大内
敗・森瀬
来季から参戦のオリオンズがSamuraiに圧勝。
さて来年の本番はどうなるでしょうか?

吉原第三試合・KFCフェニックス - Samurai Denkees
10−7でSamurai Denkeesの勝利
勝・尾山
敗・村田
オープン戦では珍しい?対戦か。
点の取り合いとなったようですがSamuraiが勝利。
尾山投手が勝負強さを発揮。

吉原第四試合・KFCフェニックス - ビッグシャーク
ビッグシャークの人数不足で試合行わず


門真第一試合・Red's - ジェネシス
4−1でジェネシスの勝利(6回時間切れ)
勝・小手田
敗・林
ジェネシスキャプテン志水が先制の2点タイムリーツーベースを右中間にかっ飛ばし、エース小手田が1失点完投で勝利し、その後ジェネシスキャプテン志水は熱中症でグランド脇の側溝に嘔吐し、ジェネシスキャプテン志水はグランドの事務所でエアコンの中ぶっ倒れていた。

門真第二試合・NTNベースボールクラブ - ジェネシス
7−4でジェネシスの勝利
勝・向井
敗・本多
志水が元気を取り戻し、打線もつながり楽勝ムードのジェネシスでしたが最終回NTNベースボールクラブの猛追を受けデカイのが出ると同点まで追い詰められたがなんとか逃げ切った。
公式戦では代打の切り札的存在の小山が6回に打った貴重な勝ち越しタイムリーが勝利打点となった。


門真第三試合・NTNベースボールクラブ - タイヨーフレンズ
2−0でタイヨーフレンズの勝利
勝・元吉
敗・岸
4回と6回に江城のタイムリーで得点したタイヨーが先発元吉、リリーフ竹内の完封リレーで逃げ切った。
NTNベースボールクラブ岸も威力ある速球を武器に完投したが打線の援護がなかった。
タイヨー江城は2打数2安打2打点。

門真第四試合・東大阪MetalCats - ブレイズ
13−12でブレイズの勝利
勝・池上
敗・藤原
4回まで毎回得点のブレイズが時間切れ確定の5回裏を7点差で迎えた時には楽勝かと思われたが、結局その回に一挙6失点で1点差まで詰め寄られヒヤヒヤの勝利。MetalCatsはあと一歩及ばず惜しい敗戦。
19:41 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
8月20日の試合結果
8月20日大阪マンデーベースボールリーグは、門真で計3試合開催

試合結果は週刊ひがしおおさか様のサイト内でも掲載中です



門真第一試合・Respect Osaka - Breakers
この試合は順位決定リーグの最終戦。勝ったほうがプレーオフに出場となる。
しかしながらBreakers一人足らずで不戦敗。
Respect Osakaが順位決定リーグ1位でプレーオフに進出となった。

練習試合を行い、結果は
Respect Osaka4-2Breakers
勝・氏川
敗・福永
初回に集中打でRespect Osakaが4点を先制、しかしその後はBreakers福永が踏ん張り終盤へ。
一方Respect Osakaのエース氏川は7回まで完全試合という素晴らしいピッチング、
7回ワンアウトからBreakers野口にレフト線へ初ヒットを打たれ記録は消えると、その後山元、土谷の連打で2点返され、なお満塁と一打同点、長打でサヨナラという場面まで詰め寄られた。
最後は福本を三振に切ってとり事なきを得たがさながら高校野球を観ているようだった。

門真第二試合・Respect Osaka - 東大阪MetalCats
10−4でRespect Osakaの勝利(6回時間切れ)
勝・山尾
敗・沢井
私はというとRespect Osakaが人数不足ということで助っ人に入った。
二点先制したRespect Osakaでしたが3回裏にMetalCatsの連打などで2−4とひっくり返される。
しかし5回裏に打者1巡の猛攻で8点とり再逆転。
その後は先発田島からバトンを受けた山尾が投げきり勝利した。
MetalCatsは久野、沢井、藤原とつないだがおよばず。

ところでこの試合夏休みということでMetalCats真崎選手のjrがレフトで出場していた。
中学生とのことだったが1打席目に三遊間を破り、3打席目はセンターへライナーのヒットを打った。
高校へ行っても野球を続けたいとのことでした。
3打席目はリリーフに立ったRespect Osakaの山尾投手でしたが初球ガチの真っ直ぐで起こったブーイングを
よそに”そうですよガチですよガチでなにが悪いんでしょうか〜?”といわんばかりに1球目以上の真っ直ぐを投じた2球目を弾丸ライナーでセンター前に運ばれていた。
写真はその打球でもんどりうってマウンドに倒れるちょっと前の山尾投手。後ろの茶色い壁のマンションのところに見える白い点がボール。
20180820真崎jr

あ、いいわすれましたが真崎jrは”女子”ね。

みな拍手喝采でした。
山尾くん以外。



門真第三試合・タイヨーフレンズ - オリオンズ
6−0でタイヨーの勝利
勝・竹内
敗・大内
初回は江城のタイムリー、2回は青木のタイムリーと1点ずつ取ったタイヨー、5回に上野のタイムリーなど集中打で4点とり試合を決めた。
オリオンズは来季から参戦予定のチーム、本日こそ良いところなく敗れたが、投打ともしっかりした好チーム
来年が楽しみです。

試合が早く終わったので練習しようとしたがタイヨーもオリオンズも9人残っていたので再度試合をした。
この試合は4−3でオリオンズにリベンジされた。

昨日までもうちょと涼しかったはずでしたが本日はなかなかの炎天下でした。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

本日門真で忘れ物です。
スパイクです。
タイヨー、オリオンズ以外のチームと思われます。
心当たりのかたは何らかの方法でお知らせください。
何らかの方法でお渡しできればと思いますが、何らかの方法が見つからない場合は
どうしたらいいかなんらかの方法を考えてください。

どなたも名乗り出ない場合は土をいれてお花を植えます。

20180820スパイクわすれもの




21:12 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
8月6日の試合結果
8月6日大阪マンデーベースボールリーグは吉原(東大阪市)でオープン戦を含む計4試合開催

試合結果は週刊ひがしおおさか様のサイト内でも掲載中です

吉原第一試合(順位決定L)・KFCフェニックス - RED HAWKS
RED HAWKSの人数不足でKFCフェニックスの不戦勝。
練習試合も行わず


吉原第二試合(準決勝L)・タイヨーフレンズ - オーシャンズ
3−2でタイヨーフレンズの7回サヨナラ勝ち
勝・竹内
敗・白滝
タイヨー先発元吉、オーシャンズ先発鈴木、両投手の力投で1−1の接戦、3回オーシャンズがタイヨーバッテリーのワイルドピッチで勝ち越し2−1に、しかし6回にタイヨーが追いつくと最終回はワンアウト2、3塁から4番江城がライト前にはじき返しサヨナラでこの試合をものにした。
投げては力投元吉の後を受けた竹内が3イニングをぴしゃりと押さえクローザーの役割を見事に果たした。

吉原第三試合(オープン戦)・タイヨーフレンズ - ブレイズ
4−1でタイヨーフレンズの勝利(6回時間切れ)
勝・竹内
敗・池上
1点先制したブレイズでしたがすぐにタイヨーが追いつき、終盤勝ち越し逆転勝ち。


吉原第四試合(オープン戦)・東大阪MetalCats - ビッグシャーク
11−4でビッグシャークの勝利
勝・森
敗・藤原
ホームラン・山道(満塁)
プレーオフの前哨戦となるかもしれない一戦。ビッグシャークが山道の満塁ホームランなどで圧勝した。
さて本番のプレーオフではどうなるか。


本日の第1試合はリーグの記録上練習試合も行わずとなっていますがRED HAWKSの棄権にともない対戦相手がいなくなったKFCフェニックスと急遽練習試合をすることに、タイヨー、オーシャンズ、Red'sの連合チーム、名づけて”タイヨーらの集団”が相手に名乗り出た。
両チームの先発、KFCは三木投手、タイヨーらの集団はRed'sのサブマリン林投手。
タイヨーらの集団は1回にオーシャンズ、Red'sらの集団で1点先制、2回にタイヨー、オーシャンズらの集団で2点目を奪うもその後はKFCリリーフの村田投手に抑えられ追加点を奪えず。
一方タイヨーらの集団の林投手はシーズン中さながらに真っ直ぐ&カーブが冴えKFCらのいやKFCフェニックスに全くスキを与えない。
タイヨーらの集団が1点追加し3−0で迎えた最終回、KFCは木村のヒットを足がかりにワイルドピッチで完封目前の林投手から1点を返すも追い上げはここまで。
3−1でタイヨーらの集団が勝利した。
勝利投手・林(Red's)
敗戦投手・三木(KFC)
ホームランなし

ところでこれは私ごとというかまあ私ごとでもないというかですが本日のKFCに懐かしい顔があった。
試合前に少しですが昔の話しになり、リーグ内でお互い共通の知ってる人をあげるとビッグシャーク藤原会長、元大阪バンブスで記録部長の雲戸氏、大阪アスレチックスの多田選手の名前が出てきた。

KFCフェニックス宮選手。「2018年」
宮さん2018
宮さん2018

KFCフェニックス宮選手。「2003年」
宮さん2003
宮さん2003



その他にも絡んだ選手は何人かおりもしかしたら記憶に遠くてもタイヨーの楠田(当時エスパーニャフセ所属)、同じくタイヨーの元吉(当時ビッグシャーク所属)両氏らも同じ時期に野球をしていた。

平成15年(2003年)のTOPICSにKFCフェニックス小山選手のホームランを記事として掲載していますがその時に同選手とハイタッチしている画像がサイトに残っていました。ちなみにこの小山選手も今季少し復帰し出場されたそうです。

ベースボールトピックス(リーグサイトより)

なんでこのなんでもないホームランが記事になったかというと、この頃はリーグの黎明期であり、またデジカメやパソコンも使いこなせてないという手探り状態だったこともあり記事になったかと思われます。ホームランの瞬間がデジカメで撮れた〜!みたいな。

やっぱりこれは私ごとになるかな。
何人かは
あ、なつかしい。との想いがよみがえるかと今回宮さんの許可をもらいアップしました。
21:10 | やきゅう | comments(2) | - | pookmark
7月30日の試合結果
7月30日大阪マンデーベースボールリーグは金岡(東大阪市)、門真でオープン戦2試合を含む計7試合開催

試合結果は週刊ひがしおおさか様のサイト内でも掲載中です

金岡第一試合・パラダイス - オーシャンズ
2−0でパラダイスの勝利
勝・雪丸
敗・鈴木
パラダイスの左腕エース雪丸は7奪三振の4安打完封。
2回に1点、6回に1点のパラダイス、全打点は2安打の松本がたたき出した。
これでパラダイスは準決勝リーグ暫定2位。
8/27予定の大阪アスレチックス-TOYOTA HK BROTHERSの結果次第で初の決勝進出となる。


金岡第二試合・TOYOTA HK BROTHERS - 東大阪MetalCats
東大阪MetalCatsの人数不足でTOYOTA HK BROTHERSの不戦勝
練習試合を行った
10−3でTOYOTA HK BROTHERSの勝利(5回コールド)
勝・上山
敗・藤原
東大阪MetalCatsは最終的に9人揃っていたようなので遅刻者があったのかと推測。
仕事や学校の都合もあったり車移動の場合は思いがけない大渋滞に巻き込まれることもある。
アサイチでなく第二試合だっただけに思うより早く出発できなかったかと思う。
でもまあ色々事情もあるので仕方ないか・・・。

練習試合は8安打のTOYOTA HK BROTHERSが東大阪MetalCatsを圧倒した。
TOYOTA HK BROTHERSは2回に8点のビッグイニング。

金岡第三試合・ジェネシス - パルプンテいずみ
4−0でジェネシスの勝利
勝・小手田
敗・松野優
小手田はパルプンテいずみ打線を2安打完封とあいかわらずのピッチングを披露した。
試合展開は1−0の7回に昨年首位打者のジェネシス宮園のタイムリーなどで3点追加したジェネシスが完勝した。


金岡第四試合(オープン戦)・ビッグシャーク - オリオンズ
5−3でビッグシャークの勝利
勝・森
敗・大内





門真第一試合・Respect Osaka - RED HAWKS
RED HAWKSの人数不足でRespect Osakaの不戦勝
練習試合を行った
8−7でRespect Osakaの勝利(6回時間切れ)
勝・山尾
敗・川端
序盤に大量リードのRespect Osakaでしたが終盤追い上げを受け8−7のいわゆるルーズヴェルトゲームになった。
Respect Osakaは8/20のBreakers戦を引分抽選勝ち以上でプレーオフ進出となる。


門真第二試合・Samurai Denkees - レッドリボン
4−3でSamurai Denkeesの勝利
勝・尾山
敗・高木賢
4安打のSamuraiが6安打のレッドリボンに1点差で勝利した。
2回に一挙4点先制したSamuraiに対し小刻みに追い上げたレッドリボンでしたがわずかに及ばなかった

門真第三試合(オープン戦)・Samurai Denkees - タイヨーフレンズ
11−4でタイヨーフレンズの勝利
勝・有末大
敗・森瀬
初回にSamurai Denkees先発森瀬を攻め7点を先制したタイヨーフレンズがその後も着々と加点し勝利。
5回にランニングホームランもどきのようなものなどでSamuraiも4点返すも及ばず。
23:20 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--