BLOG! arisu-AREA

10/16のプレーオフは中止となりました
10月16日大阪マンデーベースボールリーグは金岡、吉原(東大阪市)でプレーオフ計6試合と深北緑地でオープン戦3試合の計9試合開催予定でしたが天候不良により全試合中止となりました。

本日のプレーオフを勝ち抜いた2チームが10/23(山本球場・第一試合)に行なわれる5位決定戦に出場となる予定でしたが中止となりましたので、規定により大阪アスレチックスとジェネシスが出場することになりました。

プロ野球のクライマックスシリーズでもあわや同じような状況になりそうでしたが昨日の甲子園は強行開催で難を逃れたようです。第2ステージ出場チームは無事決まりそうです。

さあて来週の大阪マンデーベースボールリーグは。

第一試合(5位決定戦)・大阪アスレチックス - ジェネシス

第二試合(3位決定戦)・ファルコン - パラダイス

第三試合(決勝戦)・トヨタクラブ新大阪 - TOYOTA HK BROTHERS

の3本です。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

本日中止の一斉メール中にも記載いたしましたが、プレーオフに出場した他の6チームから次週のスタッフを派遣していただくことになっております。
各チームから1-2名を強制的に出していただくこととなっていますのでご面倒ですがご協力をお願いいたします。
次年度以降に自チームが出場した時にはどこかのチームにお世話になりますので今年は歯を食いしばって裏方のご協力をお願いいたします。
第1試合〜第3試合までのSBOボタンまたはスコアつけと表彰式のお手伝いをお願いしています。
希望の時間は早いもの順となりますので早くにお知らせください。
もちろん昼食をご用意いたします、来ていただける方のお名前と人数をお知らせください。

あと個別にご連絡も致しますがタイトルホルダーの方は決勝終了後(15時半くらいから)表彰がございますので出席をお願いいたします。
できればユニホーム着用がありがたいですがお仕事途中とか無理な場合は私服でも構いません。

以上よろしくお願いいたします。

今年はリーグ戦が8月に2試合順延となったのみで天候に恵まれた大会だったのですが、ここに来てこんなことになりました。
うまくバランスがとれているということでしょうか。

次週は是非開催できるよう祈ります。
07:55 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
10/2のプレーオフは10/16に順延となりました。
10月2日大阪マンデーベースボールリーグはプレーオフ開催予定でしたが雨天のためすべて順延となりました。

週間天気は大丈夫だったのですが日に日に雨が近くなり当日の早朝に早朝から雨が降ると予報が出た。
もう予報でもなんでもない気がする。

試合結果は週刊ひがしおおさか様のサイト内でも掲載中です

順延の分は10/16にそのままスライドして行ないます。
また順調に消化すれば行なう予定だったオープン戦は深北緑地でプレーオフに出場するチームを抜いて行ないます。

エントリーしたチームはご確認ください。

10/16の試合予定は以下の通りです。

金岡第一試合・大阪アスレチックス - ビッグシャーク

金岡第二試合・Breakers - パルプンテいずみ

金岡第三試合・第1試合勝者 - 第2試合勝者



吉原第一試合・ジェネシス - オーシャンズ

吉原第二試合・タイヨーフレンズ - 東大阪MetalCats

吉原第三試合・第1試合勝者 - 第2試合勝者



深北第一試合(オープン戦)・ブレイズ - TOYOTA HK BROTHERS

深北第二試合(オープン戦)・チームHY - TOYOTA HK BROTHERS

深北第三試合(オープン戦)・Respect Osaka - Samurai Denkees


以上です、お間違えの無い様お願いいたします。

あともうすでに報道とかでご存知の方もおられると思いますが、軟式ボールが新しくなります。正確には”新しくなって”おり、すでに使用しているチーム・団体もございます。
当リーグでも来年より新球での開催となります、1月のオープン戦から新球を使用しますがそれに先立ち今秋のオープン戦でも新しいボールを使用してオープン戦を開催いたします。

今季のオープン戦予定(10/30以降)
10/30(新球使用してのオープン戦)
11/6(従来のボールでのオープン戦)
11/13(近畿統一リーグ壮行試合・従来のボール使用)
11/20(近畿統一リーグ戦・従来のボール使用)
11/27(新球使用してのオープン戦)
12/4(新球使用してのオープン戦)

新しいボールはリーグでご用意いたします。

※11/6も試合を行なう両チームで申し合わせて新球を使用いただいても構いません。
(この日はリーグで用意いたしません)

10/30のオープン戦は山本球場で4試合開催予定です。
第1試合は9時過ぎ、第4試合は14時開始予定になります。
日没の恐れがありますので普段の予定より開始時間を少し早めてあります。

あらためて責任者には募集の一斉メールを回しますので参加ご希望のチームはお知らせいただければ幸いです。

オープン戦の時間などに制約のあるチームはお知らせいただければと思いますが、その場合は試合を組めない場合もございますので不平不満のないようあらかじめご了承ください。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

あともう一つお知らせです

東大阪市の友井バッティングセンターにて下記のイベントを開催予定ですので、お時間ある方は是非ご来場ください。
新球、新バット使用のイベントです。

201710友井新球試し打ち

友井バッティングセンター
東大阪市友井5-1-51
TEL:06-6722-0822
https://www.battingcenter.com/osaka/1362/
10:45 | やきゅう | comments(2) | - | pookmark
9/25の試合結果
9月25日大阪マンデーベースボールリーグは金岡、吉原(東大阪市)、門真でオープン戦計9試合開催

試合結果は週刊ひがしおおさか様のサイト内でも掲載中です

金岡第一試合・パラダイス - ジェネシス
4−3でパラダイスの勝利
勝・雪丸
敗・向井
初回に2点先制したジェネシスでしたが中盤押し出しで追いつかれ、最後はパラダイス桐畑の勝ち越しタイムリーなどで逆転負け、最終回1点差まで詰め寄る粘りは次回に生きるかと。
次週プレーオフはまずオーシャンズと対戦。

金岡第二試合・パラダイス - ビッグシャーク
11−1でパラダイスの勝利
勝・藤岡
敗・有末大
初回にビッグの先発有末大の乱調に乗じ、主軸のタイムリーも出て一挙7点のビッグイニングで勝負あり。
投げては藤岡は時間切れ寸前までノーヒットノーランの快投。
ビッグシャークは最後に1点返すのがやっとでした。
ビッグシャークのプレーオフは大阪アスレチックスとまず戦います。

金岡第三試合・KFCフェニックス - タイヨーフレンズ
9−2でタイヨーフレンズの勝利
勝・元吉
敗・三木
初回から流れに乗ったタイヨーが尾崎、青木、住岡らのタイムリーで加点し大勝。
終盤KFCに2点返されるもタイヨーエース元吉は危なげなく完投勝利。
タイヨーフレンズのプレーオフ1回戦は東大阪MetalCatsと対戦。


吉原第一試合・トヨタクラブ新大阪 - チームHY
2−1でチームHYの勝利
勝・西川
敗・大黒
チームHYが渡邊祐のサヨナラホームランで投手戦を制した。
同選手は夏のトーナメント決勝でビッグシャーク相手に3打席連続ホームランを打った実績あり。


吉原第二試合・トヨタクラブ新大阪 - 大阪アスレチックス
9−2でトヨタクラブ新大阪の勝利
勝・植田
敗・
決勝を戦う上で連敗はしたくないトヨタクラブ新大阪、ここは大阪アスレチックスに大勝し本番に備える。
プレーオフ、大阪アスレチックスはビッグシャークと戦う。

吉原第三試合・パルプンテいずみ - 大阪アスレチックス
7−5でパルプンテいずみの勝利
勝・松野
敗・
一昨年の覇者パルプンテいずみが今季1敗1分けと分が悪い大阪アスレチックスに勝利。
プレーオフ、パルプンテいずみはBreakersと戦い大阪アスレチックスとともに勝利すれば本日の再戦となる。





門真第一試合・ブレイズ - Samurai Denkees
11−1でブレイズの勝利
勝・
敗・藤井
ブレイズが初回に9得点で圧勝。
来季から参戦予定のブレイズは徐々に力をつけている。

門真第二試合・オーシャンズ - Samurai Denkees
5−2でSamurai Denkeesの勝利
勝・尾山
敗・白滝
オープン戦好調のSamuraiは連敗したくないところで最近頼れるエース尾山がオーシャンズに勝利。
オーシャンズはプレーオフでジェネシスと1回戦を戦う。

門真第三試合・オーシャンズ - 東大阪MetalCats
7−7で引分
オ・植村渉、植村脩
東・高田
オーシャンズは植村兄と弟の継投で引分。
東大阪MetalCatsからの報告は6−6だったが1点ずつ高いほうを採用した。www
東大阪MetalCatsはプレーオフでタイヨーフレンズと対戦する。
この対戦はオープン戦以外で今季初となる。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

まもなく個人タイトルと今季の成績が発表されます。

シーズンもいよいよ大詰めとなりました。
残り試合ケガのないよう頑張りましょう。

最近よくお問い合わせをいただきますが来季から新規格のボールを使用します。

それにさきがけ近畿統一リーグ戦(11/20)の翌週から2週にわたって新球でのオープン戦を開催しますのでご都合調整の準備をお願いします。
募集は近くなったら行ないます。

10/16のオープン戦募集を行なっておりますので参加希望のチームはご連絡ください。

22:07 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
9/11の試合結果・・リーグ戦全日程終了!
9月11日大阪マンデーベースボールリーグは金岡、吉原(東大阪市)、門真で計8試合開催

試合結果は週刊ひがしおおさか様のサイト内でも掲載中です

金岡第一試合・タイヨーフレンズ - 奈良トヨタ
4−3で奈良トヨタの勝利
勝・福本
敗・元吉
初回の先制攻撃が決まりタイヨーフレンズが3点先制、奈良トヨタは2点差として向かえた6回裏にエラーを足がかりに一気の逆転劇、4−3でタイヨーフレンズを降した。

金岡第二試合・タイヨーフレンズ - 磐余(いわれ)
3−2で磐余(いわれ)の勝利
勝・野口
敗・江城
初回に相手エラーもありタイヨーフレンズが先制もすぐに磐余(いわれ)が追いつき中盤勝ち越し、5回時間切れで試合終了。

金岡第三試合・ビッグシャーク - 磐余(いわれ)
7−0で磐余(いわれ)の勝利
勝・立花
敗・有末大
前半は互角も3回当たりから磐余(いわれ)打線が爆発し大差の結果に。



吉原第一試合(順位決定リーグ)・KFCフェニックス - オーシャンズ
3−0でオーシャンズの勝利
勝・伊達
敗・尾崎
オーシャンズ伊達は8奪三振完封。
負ければ今季終了のところ、見事に勝利し10/2のプレーオフ進出を決めた。

吉原第二試合(順位決定リーグ)・KFCフェニックス - レッドリボン
4−0でレッドリボンの勝利
勝・門上
敗・小丸
2回に3点を先制したレッドリボンが門上の好投もあり6回シャットアウトで後半戦初勝利。
同勝ち点で並んだKFCを予選順位の違いで上回り総合最下位を免れた。

この結果で10/2のプレーオフ対戦カードが決まった。
勝者2チームは10/23山本球場第1試合の5位決定戦に出場する。




門真第一試合・パラダイス - Respect Osaka
0−0で引分
パ・雪丸
R・
オープン戦ながら熱い投手戦だった模様。
パラダイスのエース雪丸はさすがだが、強打を誇るパラダイス打線が無得点なのが心配。

門真第二試合・パラダイス - 東大阪MetalCats
1−0で東大阪MetalCatsの勝利
勝・福山
敗・湯上
虎の子の1点を守りきった東大阪MetalCatsが勝利。
パラダイスは本日結局得点ナシ。

門真第三試合・大阪アスレチックス - 東大阪MetalCats
1−0で大阪アスレチックスの勝利
勝・田中
敗・廣森
この日の門真は全試合僅少差の投手戦。
両翼の狭いこのグランドでは乱打戦になることが多いが、各チームとも投手陣が踏ん張った。
もちろんディフェンスも。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

本日私は藤原会長とともに夕方から神戸市内へ、
11/20開催の近畿統一リーグ戦の打ち合わせに行って、先ほど帰ってまいりました。

20170911JR住吉

今季は少々イレギュラーな開催となり、本来なら兵庫県の球場(例年は明石トーカロ、昨年はベイコム尼崎)で開催なのですが今年は諸般の事情により大阪府での開催となりました。
八尾市の山本球場で行ないます。

決勝も選抜戦も今年は勝ちましょう!





01:34 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
9/4の試合結果
9月4日大阪マンデーベースボールリーグは金岡(東大阪市)、門真でオープン戦計6試合開催

試合結果は週刊ひがしおおさか様のサイト内でも掲載中です

金岡第一試合・奈良トヨタ - ビッグシャーク
5−2で奈良トヨタの勝利
勝・大西
敗・
2失点も奈良トヨタ大西が危なげなく完投。
5奪三振。

金岡第二試合・奈良トヨタ - 東大阪MetalCats
5−1で奈良トヨタの勝利
勝・福本
敗・藤原
5回まで完全試合の奈良トヨタ福本
6回に1点を返されるもその時の1安打のみで完投勝利。
7奪三振。

金岡第三試合・ビッグシャーク - 東大阪MetalCats
6−1で東大阪MetalCatsの勝利
勝・廣森
敗・松本
ビッグシャーク守備の乱れがあったものの、東大阪MetalCatsがエース廣森で勝利。





門真第一試合・Respect Osaka - ブレイズ
9−2でRespect Osakaの勝利
勝・山尾
敗・池上
序盤から加点し有利に試合を進めたRespect Osakaが勝利
中盤ブレイズも反撃したが及ばなかった。

門真第二試合・Respect Osaka - オーシャンズ
8−2でオーシャンズの勝利
勝・鈴木
敗・山尾
田尻の先制タイムリーをきっかけに連投となった山尾を捕らえ、着々と加点したオーシャンズが勝利。


門真第三試合・タイヨーフレンズ - オーシャンズ
15−1でタイヨーフレンズの勝利
勝・元吉
敗・白滝
初回6点、2回5点と打線が活発に機能したタイヨーフレンズが圧勝。
味方守備陣のエラー連発にも冷静に投げ続ける白滝投手に脱帽。
3回以降は引き締まった試合でした。
21:59 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
高校野球、いろいろ雑感
いつかの朝刊に清宮ホームランと載っていた。
高校日本代表の練習試合で打ったそうだ。
あ、まだ続いてたんや・・・と思った。
夏が終わったので高校通算なんたらはもう終わったのかと思ってたので。

その清宮が出られなかった2017年、夏の甲子園は埼玉の花咲徳栄が優勝した。

思い返すとやっぱり仙台育英と大阪桐蔭の3回戦が印象に残っている。
ネットニュースで中川君(2年)が新チームのキャプテンになったと書いてあった。

中川君というのは9回裏にベースを踏めなかった大阪桐蔭のファーストの選手。


最近になってネットでいろいろ関連のものを見る。

そしたらこの9回裏のことよりも、7回に仙台育英の打者走者に中川君が足を蹴られたという記事のほうがたくさん出てくる。
それがあって最後ファーストベースを踏み切れなかったとか。

そのシーンの動画をyoutubeで見てみた。

・・・。

なんでこれをわざとだというのか、スロー再生するからあたかも蹴っているように見えるがただ単に接触を避けようとして避け切れなくてお互い転倒しただけにしかみえないが・・・。

100mを12秒くらいで駆け抜けながらベースも踏もうとするランナーがイチ、ニのサンみたいに蹴れるわけがない。
それにツーアウトランナー無しで、甲子園という舞台で・・・。
もちろん甲子園でなくてもそんなことはしない。
こういうこと言う人たちってルーキーズとかアストロ球団とかの見過ぎじゃないのか。

というかこうやって反論すること自体がこんな動画をアップする輩達の思うツボなのかもしれない。

その足を蹴った論争はばかばかしいのでやめるが、9回裏のファーストの出来事については少しひっかかることがある。


ネットの中だけでなく私のまわりでもあのプレーに”ベース踏んでないてありえへんやろ”とか”踏み忘れるなんか普通考えられへんわ”とみんながそう言っている。
子供から大人、元野球部からおばちゃんまで。
ファーストは守っているときずっとベースを踏んでいると思っている人もいる、そこまでではなくても1塁手はファーストベースのすぐ横で”待機”していると思ってたり。
学童のソフトボールじゃないんだから・・・。それに踏み”忘れ”とか・・・。

なんでファーストは9回裏にベースを踏めなかったんでしょうか。
永く野球をやって、ファーストを守ったことのある人なら”ファーストあるある”でベースを踏めないことは幾度となく経験しているのでは??

ファーストを守っている時、足の裏にベースを踏んでいる感覚が無かったとしても、大体が右足(左足)で”そのあたり”をまさぐるとベースを探し当てて事なきを得る、探し当てられなかったら送球を受けてからベースを踏めばよい、ファーストゴロのカバーに入ったピッチャーとか、送りバントのカバーに入ったセカンドとかみたいに。

そんなもん送球を受ける前にちゃんとベースを確認して足で踏んでから送球を待てば良いではないか!

というのもたしかに正論。

でも今回はそれをしなかった、のではなく”出来なかったんだから”しょうがない。



私、この場面はテレビで見ていました。

1点差の9回裏ツーアウト1,2塁、仙台育英のバッターは途中出場の7番(右)、大阪桐蔭ファーストの守備位置を想像してみた。

ファーストはこの場面、ライト前ヒットを防ぐべく少し後ろに下がる。
仙台育英、途中出場7番打者は小柄な右打者で二ケタ背番号、三振しないようひきつけて右方向へ打つかもというのは容易に想像できる。
右方向への打球で一番嫌なのは1・2塁間をゴロで抜かれることだろう、2塁ランナーは土壇場で二盗を決めた俊足、そんな当たりを打たれたら絶対にホームまで還られる。だからファーストは通常より少し後ろに下がり1・2塁間のゴロに備える。もちろん1塁線を抜かれると逆転サヨナラの長打になるのでそれも防がないと。
仮に予想通りそこにゴロが飛んだ場合、最悪内野安打になっても抜けさせなければ同点の2塁ランナーを還さずに済む。

結局打球は強い当たりのショートゴロ、それを見たファースト中川君はもちろんファーストベースに入る。
ベースをちゃんと確認しながらそこに足を置いてひざを柔らかくしてウィニングボールを待つ・・・

はずだった。

しかしながら元々定位置より深めを守っていた彼がファーストベースに駆け寄った時にはすでにショートは送球動作を始めている。
あの場面、ショートはわりと捕ってからすばやく送球動作に入っている。
そうなると中川君はベースよりなによりショートからの送球をしっかり見ないといけない、まちがっても送球から目を切ると後ろのアルプススタンドと同化して見失う危険性がある。

でも大丈夫こんなことは日常茶飯事。
右足でまさぐればその辺にベースがあるはず・・・。

無い・・・。

下を見てベースを確認したいがもう送球はこちらに向かっている、怖くてボールから目を切れない。

よし、送球受けてからしっかりベースを踏もう・・・こんな時はいつもそうしているしそれでいつもうまくいく・・・。


※※※※※※※※※※※※


ショートからの送球がわりと山なりだったのも中川君には不運だったといえる。

”俺まだベース踏んでないねん、はよ来いボォールぅぅ”と中川君が思ったかどうかはわからないが・・・。

ショートが2塁でフォースアウトできなかったのもファーストが後ろに下がっていたため1塁ランナーが大きくリードすることができたから。1塁ランナーは逆転サヨナラのランナーなので長打なら一気の生還も目論んでいたでしょう。



打者がアウトにならず、ヒットでもフィルダースチョイスでも打撃妨害でもないなら誰かのエラーになるのは仕方ない。

ファースト中川君に”E”がついたがちょっとかわいそうだった。

誰が悪いわけでもない、ましてや仙台育英の選手が悪いとかありえない。

中川君は20年後くらいのOB会とかでみんなにいじられるでしょうね。
確かに今はちょと辛いと思いますが、これから過ごすキャプテンとしての1年が彼の人生の中でかけがえのない財産になることでしょう。

うらやましい以外にないですね。

40年近く前、転倒してフライを捕れなかった星稜高校ファーストの加藤さんではないが、もしかしたら今後いろんな場面で話題になってむしろ良いではないでしょうか。
でも”踏み忘れ”とかいう言い方はやめてあげてほしい、せめて”踏みそこない”と(笑)

20:33 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
8/28の試合結果
8月28日大阪マンデーベースボールリーグは金岡、吉原(東大阪市)で計6試合開催

試合結果は週刊ひがしおおさか様のサイト内でも掲載中です

金岡第一試合(オープン戦)・オーシャンズ - タイヨーフレンズ
3−3の引分
タ・元吉
オ・鈴木
両先発の力投もあり締まった試合。
楠田のタイムリー、元吉の犠牲フライなどで3点を取ったタイヨーが3−1でリードした5回のオーシャンズ、ツーアウト2・3塁から長谷川がレフト線への2点タイムリーを打ち同点に追いつく、その後両チームとも決定打が出ず6回時間切れで試合終了となった。
20170828元吉犠牲フライエラー
「元吉の犠牲フライでタイヨー2点目(捕手植村渉、3塁走者谷村)」

金岡第二試合(オープン戦)・東大阪MetalCats - タイヨーフレンズ
2−1でタイヨーの勝利
勝・江城
敗・福山
MetalCatsがタイムリーで1点を先制。
そのMetalCats先発の藤原が5回までノーヒットノーランの力投。
しかし1−0の6回表にタイヨーは須藤の初ヒットをきっかけに同点に追いつく。
7回MetalCatsリリーフの福山からタイヨーは先頭尾崎のレフト前ヒットと盗塁でノーアウト3塁のチャンス、
続く青木はサードゴロも3塁ランナー尾崎の好走塁でホームをおとしいれ2−1と逆転に成功。
そのまま7回裏MetalCats最後の攻撃へ。
タイヨーはこの回からリリーフの尾崎がマウンドへ。
先頭は打ち取ったもののそのあとが四球、死球、ヒットと大乱調でワンアウト満塁と一打サヨナラのピンチ、MetalCatsにとっては逆にサヨナラの絶好のチャンス。
しかしここは尾崎が踏ん張りショートゴロ併殺で切り抜けゲームセット。
中々の貧打戦というか投手戦でした。
20170828青木フライキャッチ
「難しいフライを好捕するタイヨーショート青木(右は2塁手楠田)」

金岡第三試合(オープン戦)・東大阪MetalCats - ビッグシャーク
12−10でMetalCatsの勝利
勝・松本
敗・中村
ビッグが2回に1点を先制、しかしMetalCatsは3回に6点のビッグイニングで逆転。
5回裏にビッグは打者一巡半くらいして9点を取り一気の逆転。10−6とする。
20170828藤原会長レフト前タイムリー
「ビッグシャーク監督でもあるリーグ会長藤原が10点目のタイムリーをレフト前に鋭いライナーで運ぶ。」

6回表、時間からしてこの回抑えればビッグの勝利というところで、この回からリリーフの中村が捕まり
12−10とMetalCatsが再逆転。
もうすでに2時間以上経過しオープン戦ということもありここで打ち切り。
野球のルール上は10−6でビッグの勝ちだが、まあなんとなくそのまま12−10で記録した。
MetalCatsは先発久野から高倉、藤原、松本
ビッグは先発有末大から近藤、中村、そして再び近藤とつないだ。
20170828MetalCats高倉
「MetalCats2番手高倉投手はソフトボール出身の女性プレーヤー、制球定まらず2四球で交代となったがスピードのあるストレートを投げ込む堂々のピッチングでした。」

この試合はオープン戦だったのでどっちが勝ったとか負けたとかは記録的に重要でないがこれが公式戦だった場合は
前のイニングの10−6が有効となりビッグの勝利となる。
リーグの取り決めでは表リードのまま時間切れになることは原則まれだが、例外としてグラウンドの使用時間などによってはこのように裏の攻撃が完了しないまま打ち切りとなる場合がある。
その場合は野球のルールにのっとり完了していないイニングは無効となりますのであらかじめご了承ください。

吉原第一試合(順位決定リーグ)・Red's - RED HAWKS
4−1でRed'sの勝利
勝・林
敗・三牧
Red's4番津山が3安打の活躍
2−1でRed'sわずかにリードの7回に貴重な追加点をあげ逃げ切った
Red's林は3安打完投勝利

吉原第二試合(順位決定リーグ)・Red's - Samurai Denkees
5−5の引分(Red'sの抽選勝ち)
Red's・甲斐、上田
Samurai・富士
Red's2番住田が2安打2打点、5−0と序盤で大きくリードしたRed'sでしたが後半Samuraiの追い上げに合い引分。
Samuraiは中川が2安打と気を吐く。

吉原第三試合(準決勝リーグ)・ジェネシス - Breakers
Breakersの人数不足でジェネシスの勝利
練習試合は8−4でジェネシスの勝利
勝・小手田
敗・福永
この結果でジェネシスはタイヨーを抜き準決勝リーグ6位となった。
プレーオフの緒戦は順位決定リーグの2位チームと対戦する。
9/11のオーシャンズ-KFCフェニックスでオーシャンズが勝てばオーシャンズと対戦、KFCフェニックスが勝てばビッグシャークと対戦することになります。
またKFCフェニックスが勝てばオーシャンズは順位決定リーグ4位となり3位のRespect Osakaがプレーオフに進出、そのRespect Osakaの緒戦は準決勝リーグ5位の大阪アスレチックスになる。
Respect Osakaの2年連続5位の可能性はまだ消えていない。

リーグ戦もいよいよ大詰めを迎える。
23:02 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
8/21の試合結果
8月21日大阪マンデーベースボールリーグは金岡(東大阪市)、門真でオープン戦計6試合開催

試合結果は週刊ひがしおおさか様のサイト内でも掲載中です

金岡第一試合・ビッグシャーク - タイヨーフレンズ
10−0でタイヨーフレンズの勝利
勝・江城
敗・近藤
序盤から足を絡めた攻撃で大量点を奪ったタイヨーが勝利
5回時間切れで試合終了



金岡第二試合・ビッグシャーク - Samurai Denkees
8−2でSamuraiの勝利
勝・尾山
敗・有末大
5回まで2−0とビッグシャークがリード、しかし6回表にSamuraiがビッグシャーク先発有末大とリリーフ松本を攻略し8点のビッグイニング
6回時間切れでSamurai Denkeesの逆転勝利。


金岡第三試合・タイヨーフレンズ - Samurai Denkees
6−5でSamuraiの勝利
勝・冨士
敗・高浦
タイヨー先発江城、Samurai先発藤井の投げ合いで5−3とタイヨー2点リードのまま迎えた7回裏、Samuraiは5回からリリーフのマウンドに上がったタイヨー高浦を攻めノーアウト満塁のチャンス。
Samuraiは藤原のタイムリーで1点差とするもタイヨーの守備と大きなレフトフライでタッチアップ出来なかったSamurai監督・藤井の走塁ミスでツーアウト満塁となる。
しかしここで打席に立った山上がレフトオーバーの2点タイムリーツーベースを打ちSamuraiの逆転サヨナラ勝利。
監督なのにやらかした藤井の大チョンボを帳消しにした。



門真第一試合・ブレイズ - 東大阪MetalCats

勝・
敗・

門真第二試合・チームHY - 東大阪MetalCats

勝・
敗・


門真第三試合・チームHY - 東大阪MetalCats
7−1でチームHYの勝利
勝・藤原
敗・田中
今夏のOMBL杯を優勝したチームHYが序盤に大量点で勝利。


21:50 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
8/7の試合は台風のため中止&100勝パーティ
8月7日大阪マンデーベースボールリーグは吉原(東大阪市)で公式戦2試合、オープン戦2試合の計4試合開催予定でしたが雨天のため中止となりました。

試合結果は週刊ひがしおおさか様のサイト内でも掲載中です

東大阪近辺は本日未明から雨が降り出し、予報では台風5号が近畿直撃ということでしたが見事に的中した。

前日は数時間後に大雨が降るのかと疑いたくなるくらいの快晴だった、しかしながら朝のうちに翌8/7の高校野球の開会式が順延になったときいて、ほんとに雨が降るんだと思った。
高野連の発表ははずしたのを見たことが無い、例えば雨が降るので明日の決勝戦は何時に変更しますとか発表があるとそのとおりになる。

5年くらい前のことだが今回と同じように台風が接近し、明日は暴風雨になると予報が出ていたことがあった。
ちょうどその前日に京橋駅に用事で行っていたが、京阪電車乗り場の入り口に大きな看板で”明日枚方パークは台風のため休園します”と書いてあった。
明日は土曜日で書き入れ時なのに・・・。

そして翌日、暴風雨どころか雨の一滴も降らなかった。
むしろわりといい天気だった。

だから天気予報は、特に台風予報は鵜呑みにしないことにしている。

でも高野連が発表すると鉄板だということも肝に銘じている。

ということで本日は今年初の公式戦中止となりました。

オーシャンズ - KFCフェニックス
レッドリボン - KFCフェニックス
の2試合は9/11に順延となります。
球場や時間は8月中旬に発表されると思いますので今しばらくお待ちください。

8/14は盆のためもあり試合予定はありません。



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

もう先月のことになりますがウチ(タイヨーフレンズ)のエース元吉の100勝記念プレミアムエグゼクティブパーティが心斎橋の8G(エイトジー)というイタリアンレストランで行なわれました。

ここはタイヨーの青木が店長を務めるお店でリーズナブルで雰囲気もスタッフもいい感じです。
是非近くにお越しの時はお立ち寄りくださいませ。
予約無しでもOKです。
カウンターもありますのでおひとりさまでも。

記念撮影 終盤なのでひとり寝ていて写ってない
集合写真

すばらしい、100勝記念ケーキ。
ケーキ

トムとジェリーでしか見たこと無いでっかいチーズのうつわにリゾットを入れてバーナーでチーズを溶かして出来上がるやつ。
グルメ番組のリポートでしか見たこと無かった。
というかでっかいゲイのカップルの”ウェディングケーキにゅーとーォォ”にしか見えないんだが。
リゾット
08:29 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark
7/31の試合結果
7月31日大阪マンデーベースボールリーグは金岡で計4試合開催

試合結果は週刊ひがしおおさか様のサイト内でも掲載中です

金岡第一試合・Respect Osaka - ビッグシャーク
6−5でRespect Osakaの勝利(5回時間切れ)
勝・氏川
敗・有末大
初回Respect Osakaは相手のバッテリーミスなどで4点を先制し試合を有利に進める。
すぐさまビッグシャークも反撃し5回表終了で6−3と追い上げる
5回裏2点を返し尚も同点のランナーが3塁という場面でその3塁ランナーが飛び出し万事休す。
あと一歩が及ばずビッグシャークは敗戦、一方Respect Osakaはこの試合を勝利したことで、次週オーシャンズ-KFCフェニックスの結果次第でプレーオフに進出する可能性が残った。

金岡第二試合・RED HAWKS - 東大阪MetalCats
7−5で東大阪MetalCatsの勝利(5回時間切れ)
勝・佐藤
敗・三牧
序盤から点の取り合いになったこの試合、お互いに盗塁が7個ずつと機動力を駆使した戦いとなったが、わずかにまさったMetalCatsが逆転で勝利し、順位決定リーグ戦を全勝で突破した。
10/2のプレーオフでは準決勝リーグ7位のチームと初戦を戦う。

金岡第三試合・ジェネシス - タイヨーフレンズ
8−2でジェネシスの勝利(6回時間切れ)
勝・小手田
敗・元吉
ホームラン・小手田(ジェネシス)1号

初回にタイヨー守備の乱れから3点を先制したジェネシスが5回まで毎回得点し圧勝した。
ジェネシス先発の小手田はみずからもソロホームランを打つなど活躍。
タイヨーは中盤に2点を返すのがやっとだった。


金岡第四試合・レッドリボン - Samurai Denkees
レッドリボンの人数不足でSamurai Denkeesの不戦勝
Samurai Denkeesは今季初勝利?となった。
公式には練習試合を行なわず。

Samuraiナインは金岡に集結、レッドリボンさんは事前に来れないとのことだったので急遽Samurai-タイヨーの練習試合を行なった。
4−4の五回にタイヨーがなんだかんだで何点か取り勝利した。
勝ち投手・高浦(タイヨー)
負け投手・Samuraiの人
メンバー表交換しなかったので・・。

###################################

オープン戦の参加募集しています。各チーム責任者にはメールしていますが届かないことがままあるようです。
参加希望のチームはお知らせください。
詳細はサイトのトップページにも掲載しています。
8月分はまもなく締め切りとなります。

22:27 | やきゅう | comments(0) | - | pookmark

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--